歴代ACL決勝第2戦の「偉大なゴール5選」をAFCが特集 浦和&G大阪の一撃も選出

写真拡大

日本勢を頂点に導いた2007年の永井、08年ルーカスのゴールが選ばれる

 浦和レッズは25日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の決勝第2戦、本拠地アル・ヒラル(サウジアラビア)戦を控えているが、決戦を前にアジアサッカー連盟(AFC)公式サイトが、ACL決勝第2戦における「偉大な5つのゴール」として特集。

 10年前に浦和がアジア王者に輝いた試合での元日本代表FW永井雄一郎が決めた一撃と、翌年にガンバ大阪FWルーカスが奪ったゴールが取り上げられている。

 浦和は2007年大会の決勝で、セパハン(イラン)と対戦。イスファハンに乗り込んだ敵地第1戦をMFポンテのアウェーゴールによって1-1で乗り切ると、第2戦のホームゲームで迎え撃った。

 そして前半22分、相手の高い最終ラインの裏に抜け出した永井は、ペナルティーエリア境界付近の右サイドから右足を強振。このシュートがGKの頭上を打ち破ってネットに突き刺さり、浦和は貴重な先制ゴールでアジア王者にグッと近づいた。

 また、記事ではG大阪がアデレード・ユナイテッド(オーストラリア)を下して優勝した08年大会第2戦での、FWルーカスのゴールもピックアップされている。ホームで3-0の勝利を得てアウェーに乗り込んだG大阪は、中盤からのスルーパスに抜け出したルーカスが相手GKとの1対1を巧みに制してゴールし、相手の反撃ムードを断ち切っていた。

10年前と同パターン、第2戦で決めるのは…

 その他には、インテルなどでプレーしたFWモハメド・カロンが、アル・イテハド(サウジアラビア)の一員として05年決勝第2戦で決めた直接フリーキック、広州恒大(中国)のFWエウケソンが13年のFCソウル(韓国)戦、15年のアル・アハリ・ジッダ(サウジアラビア)戦で決めたものがピックアップされた。

 浦和は18日の決勝第1戦で、ブラジル人FWラファエル・シルバが価値あるアウェーゴールを奪って1-1で引き分け、10年前と同じパターンでホームの第2戦に戻ってきた。その一戦でアジア制覇を手繰り寄せる一撃を決めるのは、永井のような日本人ストライカーになるのか。ACL日本人最多得点記録を更新中のFW興梠慎三や、献身的なプレーが光るFW武藤雄樹などの活躍にも期待がかかる。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】AFC公式YouTubeチャンネルで公開された、浦和の永井&G大阪のルーカスがACL決勝第2戦で決めた一撃

https://youtu.be/szF5CKxLTHg

2007年ACL決勝第2戦で浦和の永井雄一郎が決めたゴール

https://youtu.be/AacKntIsNoE

2008年ACL決勝第2戦でG大阪のルーカスが決めたゴール