来年9月16日をもって引退することを発表した安室奈美恵のオールタイム・ベストアルバム『Finally』(8日発売)が、発売2週目にして累積売上枚数が143.5万枚となり、現時点における今年度最高のアルバム売上を記録した。

 同作は、発売初週ミリオンを達成した前週(20日付)に続いて、今週発表の最新オリコン週間アルバムランキング(集計期間:13日から19日)で、2週連続の1位を獲得(週間売上32.2万枚)。安室のアルバム2週連続1位は「Ballada」で、達成して以来2作ぶりとなる。

 安室は、発売初週でミリオンセールスを達成し、“4年代連続”(10代、20代、30代、40代)でのミリオン突破というアーティスト史上初の偉業も成し遂げた(※オリコン調べ)ばかり。

 オールタイム・ベストアルバム『Finally』は、今年9月に突然の引退発表をした翌日に、予約を開始。主要ECサイトでは軒並み1位を獲得し、CD販売店等から所属レコード会社へのオーダーは、発売前日までに既に100万枚を越えていた。発売日には、日本中がアルバム発売で賑わう様子をマスメディアが取り上げ、初回盤が手に入りにくいほどの売れ行きだという。

 『Finally』には、全52曲を収録。1992年発売のデビュー曲「ミスターU.S.A.」から、記憶に新しい2016年NHKリオデジャネイロオリンピック・パラリンピック放送テーマソング「Hero」や、2017年発売の最新シングル曲「Just You and I」までの45曲(内39曲が新たにレコーディング)に加え、セブン-イレブン Magical Christmas イメージソング「Christmas Wish」、TBS系 火曜ドラマ『監獄のお姫さま』主題歌の「Showtime」などの新曲全6曲が収録されたオールタイム・ベストアルバムだ。

 発売直後には、NTTドコモ 25th Anniversary CMソング「How do you feel now?」が、小室哲哉による約16年ぶりの楽曲提供となることがわかり話題に。安室と小室が“共演”するミュージックビデオも収録されている(CD+DVD盤 / CD+Blu-ray盤)。

 また、自身最後となる全国ツアーも決定している。国内5大ドームツアー『namie amuro Final Tour 2018 〜Finally〜』は、東京・大阪・名古屋・福岡・北海道の5カ所15公演にも及び、アジアツアー『namie amuro Final Tour 2018 〜Finally〜 in Asia』は、3カ所5公演。25周年にして、自身の最多動員数を大幅に上回る約70万人動員予定だ。