新時代のFKアーティスト?Qoly選出、J1第32節のベストゴールはこれだ!

写真拡大

「19」のゴールが生まれた、明治安田生命J1リーグ第32節。今節もその中から編集部Tが独自にベストな“一発”を選出してみたいと思う。

まず、第三位は、ベガルタ仙台MF三田啓貴。

正確かつ強烈な左足を持ち、これまでにも目を覚めるシュートを何度も披露してきた、いかにも“三田ならでは”の一撃であった。

三人目の動きでバイタルエリアに進入する動き、シュートを打ちやすい位置にボールを押し出したワンタッチ目も見逃せない良ポイントだ。

Jリーグににおける「今季大きな成長を見せた一人」であり、来季以降も楽しみな逸材である。

続いて第二位は、横浜F・マリノスMFダビド・バブンスキー。

彼が左サイドでボールを受けた瞬間、多くの人間が次のプレーにクロスボールをイメージしたかもしれないが、彼が選択したのはカットイン。

日本人選手はここでパスを選びがちなものだが、自信を持ってミドルシュートを挑むあたりは、良い意味で外国人選手らしい特徴と言えるだろう。

そのシュート自体も、精度、コース共に完璧で、韓国代表GKキム・ジンヒョンもなす術がなかった。

そして、最後に第一位だが、今回はサガン鳥栖MF原川力を選出した。

中村俊輔や遠藤保仁に代わり、Jリーグを代表する「FKアーティスト」へと進化しつつある、リオ五輪世代の男がまた新たな“芸術品”を創出した。

右利きの選手が、この位置から壁の頭上から射抜くボールを蹴ることは非常に高難度だが、それをいとも簡単にやってのけた技術には脱帽するばかり。

シュートスピードも徐々に上がってきており、今後は流れの中からの中長距離砲にも積極的に挑戦してほしいところである。

なお、『DAZN』でも毎節独自にベストゴールとベストセーブを選出しているが、今節は以下のゴールとセービングが選ばれている。

▼『DAZN』選定J1ベスト5ゴール

1位:水沼宏太(セレッソ大阪)

2位:原川力(サガン鳥栖)

3位:ジェイ(北海道コンサドーレ札幌)

4位:ダビド・バブンスキー(横浜F・マリノス)

5位:三田啓貴(ベガルタ仙台)

▼『DAZN』選定J1ベスト5セーブ

1位:ク・ソンユン(北海道コンサドーレ札幌)

2位:東口順昭(ガンバ大阪)

3位:権田修一(サガン鳥栖)

4位:徳重健太(ヴィッセル神戸)

5位:東口順昭(ガンバ大阪)

動画を見たい場合はここをタップ!

同様に、J2とJ3は以下の通りだ。

▼『DAZN』選定J2ベスト5ゴール

1位:近藤直也(ジェフユナイテッド千葉)

2位:清本拓己(大分トリニータ)

3位:町田也真人(ジェフユナイテッド千葉)

4位:ウェリントン(アビスパ福岡)

5位:菅沼実(ロアッソ熊本)

動画を見たい場合はここをタップ!

▼『DAZN』選定J2ベスト5セーブ

1位:柴崎高広(東京ヴェルディ)

2位:清水圭介(京都サンガF.C.)

3位:児玉剛(モンテディオ山形)

4位:清水圭介(京都サンガF.C.)

5位:秋元陽太(湘南ベルマーレ)

動画を見たい場合はここをタップ!

▼『DAZN』選定J3ベスト5ゴール

1位:勝又慶典(AC長野パルセイロ)

2位:牛之茺拓(栃木SC)

3位:久富賢(ブラウブリッツ秋田)

4位:佐藤和樹(カターレ富山)

5位:後藤京介(Y.S.C.C.横浜)

動画を見たい場合はここをタップ!

▼『DAZN』選定J3ベスト5セーブ

1位:大西勝确(アルスクラロ沼津)

2位:林瑞輝(ガンバ大阪U-23)

3位:井上亮太(ガイナーレ鳥取)

4位:阿部伸行(AC長野パルセイロ)

5位:キローラン菜入(鹿児島ユナイテッドFC)

動画を見たい場合はここをタップ!

皆さんのベストは?