タイガーウッズ【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

公式戦復帰のウッズ、離脱中にテニス界の英雄がスポーツ界の生涯獲得賞金1位を逆転

 男子ゴルフの元世界ランク1位、タイガー・ウッズ(米国)が30日開幕のヒーロー・ワールドチャレンジで公式戦に復帰する。今年2月のツアー出場以来、腰痛の手術などにより戦線離脱中に失ったものの一つが、アスリートの生涯獲得賞金NO1の座。米メディアは「彼は今ロジャー・フェデラーの背中を追っている」と注目している。

「タイガー・ウッズはスポーツ界のランキングでトップの座を失った―今の時点では」と見出しを打って特集したのは、米ゴルフ専門メディア「ゴルフダイジェスト」だ。

 ウッズは今年2月のツアー出場以来、腰痛の手術などにより戦線を離脱。その間にテニス界のレジェンド、フェデラーは36歳となっても衰え知らずで勝ち続け、今月のATPツアーファイナルで生涯獲得賞金が1億1023万5682ドル(約123億4640万円)に到達し、歴代1位だったウッズの1億1006万1012ドル(約123億2600万円)を逆転したことを米経済誌「フォーブス」が伝えていた。

 記事は、これを受け「彼は今、ロジャー・フェデラーの背中を追っている」と紹介。近年、ゴルフ界のレジェンドは“上積み”が少ないことを指摘している。

「1億1006万1012ドルをこれまでに獲得しているウッズだが、過去数年は故障に苦しんでいる。2013年にはPGAの『ツアー・プレーヤー・オブ・ザ・イヤー』にも輝き、850万ドル(約9億5700万円)以上を稼ぎ出したが、それ以降では55万6773ドル(約6270万円)のみとなっている」

 しかし、本格復帰すれば、異次元の“賞金王レース”が繰り広げられることになる。

2人合わせた総収入は約2500億円! ウッズは1100億円以上の“大量リード”

 記事では「仮にウッズがカムバックを果たせば、年齢を感じさせず第一線でプレーするフェデラーの賞金総額をおそらく凌駕していくだろう」と指摘。ただし、「もし、カムバックを果たせずとも、残念がらなくていいかもしれない」とも記述している。

 その理由は、フォーブスによれば、広告収入も含めた総額ではフェデラーの6億ドル(約675億5000万円)に対して、ウッズは16億5000万ドル(約1800億円)となっていることだ。

「そう、ウッズは友人でもあるレジェンドよりも10億も稼ぎ出しているのだ! 次に2人が食事をする際も、支払いはウッズの役目だろう」

 記事では、ユーモアたっぷりにウッズの功績を称えている。もちろん、賞金だけのためにプレーはしていないが、それでも、ため息しか出ないような異次元の金額を稼ぎ続けてきたことは、レジェンドの輝かしい足跡を証明している。

 米国のファン、メディアから復活を熱望されているウッズ。9月以降、ピッチングウェッジ、アイアンと段階を踏んで練習する様子をSNS上に動画で公開し、今月も往年を彷彿させる赤シャツで豪快なドライバーショットを放ち、ファンに大反響を呼んでいた。

 いよいよ、タイガーがコースに帰ってくる日がやってくる。