【ソウル聯合ニュース】韓国教育部と日本の文部科学省が21日、ソウル市内で開幕したアジア欧州会議(ASEM)教育相会合を機に、韓日の高等教育の学生交流を目的とした留学生派遣事業を10年延長することに合意した。これまでは韓国から日本へ、一方からの留学だったが、相互交流に切り替え、交流の範囲と対象も拡大する。

 韓日両国は1998年と2008年の首脳会談を受け、韓国の高校卒業者を毎年100人選抜して日本の国立大理工系学部に留学させる「韓日共同理工系学部留学生」事業に取り組んできた。1999〜2008年の第1次事業に続き、現在は09〜18年の第2次事業を進めている。

 19〜28年の第3次事業では、韓日がそれぞれ年200人を交流対象者に選抜し、授業料や生活費などを支援する。10年間で計4000人の留学生が交流することになる。選抜方法や支援内容など詳細は実務協議で詰める計画だ。

 韓国の金相坤(キム・サンゴン)副首相兼教育部長官は「両国の友好増進と優秀な留学生の誘致、高等教育分野の学生交流の協力に大きく寄与するものと期待する」と述べた。