訪朝を終え、20日に中国に帰国した宋部長(右端)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と、習近平・中国国家主席の特使として北朝鮮を訪問した中国共産党の宋濤・中央対外連絡部長との面会は実現しなかったようだ。

 北朝鮮メディアは21日午前9時現在まで、金委員長と宋部長が面会したかどうかを報じていない。

 金委員長の動静を最も早く伝える朝鮮中央通信や朝鮮中央放送などのメディアは、この日のトップニュースとして金委員長の自動車工場視察のニュースを報じた。

 北朝鮮メディアの報道形態から、視察は前日の20日に行われたとみられる。そのため、金委員長が経済分野の視察を口実に特使との面会を避けたのではないかとの見方も出ている。

 金委員長が習主席の特使である宋部長を無視したとすれば、これは北朝鮮の核・ミサイルの高度化の意思が強固であることを強調するメッセージであり、対北朝鮮制裁に積極的に賛同する中国に対して強い不満を示したものと分析される。

 また、北朝鮮の崔竜海(チェ・リョンヘ)党副委員長や前外相で同副委員長の李洙ヨン(リ・スヨン)氏が宋部長と会談を行ったが、中国が伝えたメッセージに現在の状況を打開できるほど魅力的な内容がなかったことに失望し、金委員長が面会しなかった可能性もある。