監視官の適性が高いのはどちらか?花澤香菜と吉田尚記アナウンサーがドキドキ企画に挑戦!?

写真拡大 (全2枚)

スカパーJSAT、アニマックスブロードキャスト・ジャパンは、ニッポン放送「ミュ〜コミ+プラス」とのコラボレーション企画として、2017年7月よりアニメトークバラエティ「ミュ〜コミ+プラスTV presented by アニマックス」(以降、「ミュ〜コミ+プラスTV」)をBSスカパー!で放送している。

アニマックスでは、12/13(水)夜11:00〜、TVアニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」、2018年1月には、TVアニメ第2期、及び劇場版を放送。その放送を記念して、ヒロイン・常守朱役を演じた花澤香菜さんが、「ミュ〜コミ+プラスTV」第5回、11月24日(金)放送回のゲストとして登場する。番組MCの吉田尚記アナウンサー(ニッポン放送)は「ここ数年でこんなにハマッたアニメはあっただろうか。劇場版の公開時に、皆でスーツを着て劇場で鑑賞するという企画を自ら勝手にやってしまうほど好きなんです」と作品のファンであることを公言している。その吉田アナが花澤さんに「PSYCHO-PASS サイコパス」シリーズに対する思いを聞いた。

今回の舞台は、有楽町のニッポン放送。番組MCの吉田尚記アナウンサーと花澤香菜さんが、「PSYCHO-PASS サイコパス」になぞらえて、犯罪係数ならぬ、心拍数を常時計測し、数々のドキドキチャレンジ企画を仕掛けられても、どれだけ色相を濁らせずにいられるか(平常心を保つことができるか)、を競い、監視官の適性を見極める。

その他、吉田アナの即興演出の元、ゲストに様々な設定で台詞を言ってもらうレギュラーコーナー「変態音響監督」では、この企画をすごく楽しみにしていたという花澤さんが、かわいらしいOLの役から悪役までを見事に演じ分けるとのこと。なかなか動じないお二人の心拍数が上がるタイミングに注目しながら見るのも面白いかもしれない。

「踊る大捜査線」シリーズの本広克行、「劇場版 BLOOD-C The Last Dark」の塩谷直義、「魔法少女まどか☆マギカ」「GODZILLA 怪獣惑星」の虚淵玄等、名だたるスタッフが名を連ねている本作の魅力についても、吉田アナと花澤さんがじっくりと語る。

吉田アナから、役者として、公安局局長役の榊原良子さんを相手に、非常に複雑な会話劇をやることに対して聞かれると「超楽しいです(笑)!圧が強いんですよね。それをひしひしと朱ちゃんも感じてるし、私も感じながら会話をする(演じる)というのは、すごくありがたい体験だったと思います」とアフレコのときの思いを振り返っている。

■BSスカパー! 「ミュ〜コミ+プラスTV presented by アニマックス」

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・NVIDIA、「PUBG」から近日登場予定の「砂漠マップ」の未公開スクリーンショットを公開
・映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」×「駅メモ!」タイアップキャンペーンを実施
・「LINE レンジャー」でコラボ中の「ロックマン」の限定LINEスタンプをプレゼント
・鳥取砂丘を舞台に日本ではめずらしいポケモンが出現「Pokemon GO Safari Zone in 鳥取砂丘」開催
・「Shadowverse」の大会「RAGE Shadowverse World Grand Prix JCG予選大会」を開催