11月10日に行われた国会人事聴聞会で答弁する洪氏=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は21日、国会で人事聴聞審査経過報告書が採択されなかった中小ベンチャー企業部長官候補の洪鍾学(ホン・ジョンハク)前国会議員の任命を強行した。

 中小ベンチャー企業部は文政権で新設された。文大統領は国会に対し、洪氏の人事聴聞報告書の採択を再度求めたが、最大野党「自由韓国党」などの反発で実現しなかった。

 洪氏を任命したことにより、文大統領が就任してから195日で新政権の組閣が終わった。歴代政権で最も遅い。

 洪氏は康京和(カン・ギョンファ)外交部長官や宋永武(ソン・ヨンム)国防部長官らに続き、文政権で人事聴聞報告書が採択されず任命される5人目の長官級となった。