現在は名古屋グランパスを率いている風間八宏監督【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

強豪国に勝つために。日本が描くべきシナリオとは

 11月の欧州遠征でブラジル、ベルギーと対戦した日本代表。ベルギーには僅差での敗北となったが、ブラジル戦では大きな力の差を見せつけられた。強豪国を倒すために日本が目指すべきスタイルとはなんだろうか。風間八宏監督と共に『技術解体新書』(カンゼン)を著した西部謙司氏が、日本を強くするためのヒントとして「風間理論」を読み解く。(取材・文:西部謙司)

----------

 フランスのリールで行われたブラジルとの親善試合、日本は1-3で敗れた。力の差がある相手なので負けは仕方ないが、早々にリードを許したためにカウンターを狙いたいはずの日本が、逆にブラジルのカウンターアタックを食らう展開になってしまった。

 ヨーロッパでのブラジル戦といえば、2012年にもポーランドで対戦している。ザッケローニ監督下の日本は0-4と大敗だった。そのときもブラジルのカウンターアタックをまともに食らっていた。ただ、あのときの日本は今回よりもずっと攻め込めていた。ボールを支配して攻めていたからカウンターもされていたわけだ。

 守備から入ろうが攻撃的に出ようが、結局ブラジルに勝つのは難しい。仮に10試合やって日本が勝てるのは1回だとすると、それを2回にするのが現状でやれることである。では、現状を離れて将来的に日本がブラジルやドイツなどの強豪国に勝つとすると、それはどんな試合になるのだろう。どうすれば強豪国に勝てるのか。

「五分五分にボールを持てても勝てません」

 風間八宏監督(名古屋グランパス)は、ポゼッションが五分では勝てないと言う。なぜなら、ゴール前の決定力や崩す能力において相手が上回っているからだ。逆に自陣ゴール前で守りきる力についても同じ。つまり、チャンスの数(あるいはピンチの数)が同じでは強豪国に勝てない。攻防の比率が五分になったぐらいでは勝率に影響は出ないだろうというわけだ。

 2012年のブラジル戦、日本はボールを敵陣まで運ぶことはできていた。ちなみに世界トップクラスを相手にして、五分以上にボールを支配できたのは日本サッカー史において画期的な出来事だったといえる。ただ、この試合でプレーしていた遠藤保仁によると、

「そこから崩す“絵”がまったく浮かんでこなかった」

 相手ゴールに近づくことはできたが、そこからシュートへ至る道筋が見えていなかったという。日本はブラジルを相手に五分以上にボールを支配することはできたが、崩すことも点をとることもできず、逆に最も警戒すべきカウンターアタックから失点を重ねた。まさにポゼッションが五分では勝てない試合だった。

ポゼッションが高まることによる最大のメリット

 では、ポゼッションが50%以下なら勝てるのか。これについては2012年のブラジル戦の前に行われたフランス戦が参考になるかもしれない。日本はほとんどボールを持てなかったが1-0で勝利している。

 押されに押され、シュートも山ほど打たれたが、終了間際のカウンターアタックで1点奪った。相手に引かれて守備を固められてしまえば崩すのは難しくても、カウンターなら点はとりやすい。ただ、この試合に勝てたのは偶然だと思う。つまり10試合やって1回か2回ある勝ちの目を引き当てたにすぎない。

 例えば、フランスにボールを支配されてはいたが、ほとんどチャンスを作らせずシュートも打たせていないのなら、日本はこのやり方で強豪国と戦えばいいという結論は得られる。しかし実際には際どいチャンスを作られ、たまたま相手がシュートを外してくれたにすぎなかった。フランスがちゃんと決めていれば3点はとられていただろう。

 もちろん勝ちは勝ち。シュートを入れるか外すかはサッカーにおいて重要な実力であり、外したのは向こうの問題だ。ただ、あのフランス戦での日本の守備力では、強豪国に勝つ確率が上がるとは思えない。

 つまり、五分にボールを持てても勝てず、五分以下でも強豪国に勝つのは困難ということになる。

「勝ちたかったら70〜80%はボールを持つ必要がある」(風間監督)

 ドイツやブラジルを相手に日本がそこまでボールを持てるのかという疑問はひとまず置いておいて、仮にそれが可能だとしたら、どんなメリットがあるのか考えてみたい。

 最大のメリットはピンチの数が減ることだ。2012年に日本が4失点したのは、ブラジルにそれだけ攻撃の機会を与えてしまったから。日本のボール支配が70〜80%となれば、相手の攻撃回数は限られてくる。それでもブラジルにカウンターを食らえば1、2点はとられるかもしれない。だが、おそらく4失点はない。

攻撃強化と守備強化のどちらが日本に向いているか

 2017年の日本はブラジルに対して敵陣の半分からプレスをかけ、守備ブロックで迎撃するつもりだった。しかし、20分も経過しないうちに2失点した。強豪国にボールを持たせてしまえば、当然自陣で守らなければならない時間が増える。2012年のフランス戦ではたまたま無失点に抑えられたが、2017年のブラジル戦のようになる可能性のほうがむしろ高いわけだ。

 強豪国を相手に失点を減らすためには、守備力を上げるよりも相手の攻撃回数を減らしてしまったほうがいいというのが風間監督の「70〜80%」の理由である。

 一方、守備力を上げるという選択肢もあるとは思う。強豪国を自陣に引き込んでもそう簡単にチャンスは作らせないし失点もしない。その守備力があれば、カウンターアタックで得点を狙える。2012年ブラジル戦での「崩せない」という課題に向き合わないですむ。

 つまり、攻撃強化と守備強化のどちらが日本に向いているかという選択になるだろうか。

 もちろん強豪国にも失点しない守備力と、逆に引かれても崩して点をとれる攻撃力を兼ね備えているのが理想だが、そこまでになれば日本は強豪国に勝てるかどうかではなくワールドカップの優勝候補である。

 それ以前に、強豪に何とか勝利できるレベルへ到達するにはどうすればいいか、守備力も攻撃力も足りない現状でどちらを優先すべきか、どちらの道に可能性があるかを考えなければならない。

ボールを運ぶ能力は強豪国に大きく見劣りしない

 風間監督が「70〜80%はボールを持つ必要がある」と言っているのは、向き合うべき課題がどちらかは、すでに答えが出ていると考えているからではないかと思う。

 日本が明白に足りないのは敵陣と自陣、両方のゴール前での力だが、その中間については強豪国に大きく見劣りしていない。少なくともボールを運ぶ能力に関しては、すでに五分に近いレベルまで到達している。

 現在のハリルホジッチ監督のチームはポゼッションよりも守備に重きを置いているのでそうでもないが、それ用のメンバー構成に変えればポゼッションを五分に持っていくのはそんなに難しくないはずだ。

 風間監督が言うように「五分」では勝てないので、ボールを運べる能力は現状で強豪国を倒す力にはならない。しかし、運べる能力は唯一、強豪に大きく見劣りしない部分であり、つまり日本の長所といえる。

 ボールを運ぶ能力という長所で勝負しているチームにメキシコがある。

 メキシコはボール支配力に関して強豪国に負けない力を持っている。70〜80%まではいかないにしても五分以上には渡り合えるチームだ。メキシコが現在のようになったのは1980年代以降、ワールドカップでポゼッションの優位性がはっきりしてきたのは90年代からだ。94年米国ワールドカップから6大会連続で出場していて、すべてグループリーグを通過し、すべてベスト16で止まっている。ベスト8の壁が厚い。

 94年はこの大会でベスト4入りしたブルガリアに1-1(PK戦で敗退)、98年はドイツに1-2、02年はライバルの米国に0-2、06年と10年はアルゼンチンに敗れ、14年はオランダに競り負けた。ラウンド16は現実的にドイツ、アルゼンチン、オランダといった強豪国に当たる。

 五分以上にボールを持てるメキシコがそこを突破できないのは「五分五分では勝てない」ということなのだろう。ただ、毎回グループリーグは突破していて、ベスト8も紙一重のところにいる。

どこから手をつけていくか道筋をつける必要性

 風間監督はボールを運ぶだけでなく、相手の最終ラインを身体能力に依存せずに突破する「外す」という見通しを持っている。だからポゼッションを70%以上に高めれば、失点は抑えられるうえにチャンスの数で圧倒的できるので、強豪国にも勝つチャンスがあるとみている。

 ポゼッション能力はすでに長所なので、あと20〜30%の上乗せも可能だろうというわけだ。強豪相手に70%以上は高いハードルとはいえ、日本の長所なので他の分野よりも実現の可能性という意味では高い。

 70%以上のボール支配力で押し込み、風間理論の「外す」でチャンスを作って点をとる。カウンターから1点、2点は失うかもしれないが、2点以上とれれば強豪国にも負けない。これは1つのシナリオだ。

 ほかにも例えば、イビチャ・オシム監督が描いていたような乱戦型のアプローチも格上を食うのに向いている。岡田武史監督が率いて2009年にオランダと対戦したときに0-3で完敗しているが、60分間はアグレッシブな攻守で日本が優勢だった。あれをあと30分間続けられる体力があれば強豪を倒せるかもしれない。

 シナリオは1つではない。ただし、いずれにしても明確に描かれていなければならない。強豪国とは力の差があり、ブラジルとは対戦するたびに痛感させられている。だからこそ、どこから手をつけていくか道筋をつける必要があるわけだ。

(取材・文:西部謙司)

text by 西部謙司