長瀬智也が巨大企業の闇に立ち向かう ディーン・フジオカや高橋一生も登場『空飛ぶタイヤ』特報

写真拡大

 2018年6月15日に公開される長瀬智也主演映画『空飛ぶタイヤ』より、特報映像が公開された。

動画はこちら

 本作は、累計発行部数150万部を突破した池井戸潤の同名小説が原作。これまで数々の池井戸作品が映像化されてきたが、映画化は今作が初となる。

 主演の長瀬が演じるのは、運送会社社長・赤松徳郎。トレーラー脱輪事故の責任問題を問われ、自らの無実を証明するため大企業の調査を開始していく人物だ。トレーラーの製造元であるホープ自動車のカスタマー戦略課課長・沢田悠太をディーン・フジオカ、ホープ自動車のグループ企業であるホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮を高橋一生が演じ、巨大企業の闇にそれぞれの立場から挑んでいく姿が描かれる。監督は『超高速!参勤交代』シリーズの本木克英。

 公開された特報映像では、事の発端となった脱輪事故の映像から、長瀬や高橋、ディーン・フジオカが大企業の闇と戦う姿が収められている。さらに、深田恭子、寺脇康文、小池栄子、ムロツヨシ、阿部顕嵐、中村蒼、笹野高史、岸部一徳ら共演者の姿も確認できる。(リアルサウンド編集部)