画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●パナソニック主催の家事シェアセミナーから

共働きの家庭が増えるに従って、家事をする男性も増えているといいます。一方で、SNS上などでは「ワンオペ育児」「結局、妻が家事担当」など、パートナーとの家事分担に悩む投稿が目立ちます。「家庭運営」というプロジェクトを家族みんなで運営するコツはあるのでしょうか。その答えを求め、パナソニック主催の家事シェアセミナーに参加しました。

○夫に人気の家事はゴミ捨て

今回のセミナーは11月22日の「いい夫婦の日」にちなんで開催されました。夫婦が共同で家事や育児を担う、家事シェアの支援活動などを行うNPO法人「tadaima」の代表理事三木智有氏をゲストに迎えて、家事シェアについて話を進めていきます。

パナソニックは、30代・40代夫婦のリアルな「今」を知るため、2,700名以上対象としたライフスタイル調査を実施しています。それによれば、共働き夫婦のうち64.1%が、家事の分担についてケンカをしたことがあるんですって。理由の1つが、妻の平日の家事分担比率が高いこと。

「ゴミ出しは昔から男性に人気の家事です。以前に比べて育児に対して積極的な男性は増えているものの、家事へ参加はなかなか難しいようです」と三木さん。

男性側も、家事に参加したいという気持ちはあるようです。でも、やり方が分からなかったり、帰宅が遅くて家事をしたくても時間が確保できないという悩みも。

家事の中でも時間を取られるものが、「片づけ」「掃除」「洗濯」。これらにかける時間を短縮できれば、そのぶん子どもと過ごす時間や自分の時間に使うことができるのに、なかなかうまくいかないのが現状です。

三木さんは「家事のイライラの原因は、2種類あります」といいます。負荷の原因を分析すると、1つめは負担、2つめは不満。

「片づけるのが面倒、毎日食事を作るのが大変といった労働による負担は、仕組み作りで対処できます。例えば、家事代行サービスの利用や、便利な家電を使うといった方法が考えられます。 一方、不満に対しては、自分ばかりがやっているという不公平感を解消すること。パートナーとのコミュニケーションが大切です」(三木さん)

平日は妻の家事負担が大きいといっても、妻側も、家事をすべて夫に代わってもらいたいわけではないのです。

「妻側は今よりも1割ほど、夫に家事をサポートしてほしいと思っていることが分かります。この1割が難しいなら、家電と家事をシェアしてみませんか」と三木さんは続けます。

家事をもう少し分析していくと、片づけ、洗濯、掃除など、マイナスの状態をゼロに戻す家事と、模様替えやホームパーティーなど、プラスにクリエイトする家事に分かれます。「家族で気を配りながら、マイナスを増やさないようにすることで、手間を減らすことができます」(三木さん)

●105分の自由時間を

○家電と家事をシェアして105分の自由時間を

家事のうち、およそ8割を占める「マイナスをゼロに戻す家事」。そのうち、食器洗い、掃除、洗濯にかける時間はおよそ一日約105分だというから驚きです。2時間弱かけている家事の時間をほかのことに使えるなら、睡眠時間、家族と過ごす時間、読書などなど、もっと充実した毎日になりそうです。

パナソニックがオススメする家事シェア家電は、「食器洗い乾燥機」「ロボット掃除機」「洗濯乾燥機」の3つです。

食器洗い乾燥機は、庫内容量をアップさせ、食器や調理器具を入れやすくしているほか、フィルターの形状を変えることで、フィルターのお手入れ回数を減らせるようになったそうです。実際に食器を入れてみると、小鉢や汁椀といった底が深い食器も入れやすくなっていました。

ロボット掃除機はスマホで掃除を管理でき、掃除をしないエリアの設定も可能です。ロボット掃除機は外出時に使うことが多いので、スマホで掃除の状況を確認できると安心ですね。

ドラム式洗濯乾燥機も、スマホで操作ができます。仕上がり時間を帰宅時間に合わるといった運転予約のほか、運転状況の確認も。また、個人的に便利だと思ったのは「洗濯かごモード」。洗濯槽に洗濯物を入れっぱなしにしても、「ナノイーX」のおかげでニオイの発生を抑えるそうです。逆にいうと、この機能があるから、外から予約・遠隔操作をしても安心です。

家事シェア家電として紹介された製品は、どれも満足度が高く、購入後「時間に余裕が生まれた」と多くの人が回答しているそうです。

●夫に頼むコツは?

○家事シェア、夫に頼むコツは?

最後に、妻が夫に家事を頼むときのポイントや、心構えについて三木さんに教えていただきました。

「非常に多い質問です。明確な答えはないのですが、男性にとっては、相手のニーズに応えられていないことがストレスになりやすいようです。家事のイメージというのは自分の中にあるので、それをしっかりと言葉にして共有することが大切です。女性側は、何をどれだけやってほしいのか、明確に言葉で伝えてください。目的が分かれば男性の自立性が高まってきます。やり方はパートナーに任せるといいでしょう」(三木さん)。

「お皿洗ってほしい」ではなく、「お皿を洗って食器かごに入れてほしい。最後にスポンジをすすいで、シンクまわりにはねた水滴も拭いてくれるとうれしい」というようなことでしょうか。家事をお願いするときは、目的と仕事の範囲を伝えて、相手のやり方に任せるのがよさそうです。

○家電で汚さなければいいかも!?

店頭価格(いずれも編集部調べ)を見ると、ドラム式洗濯乾燥機「NA-VX9800」は税別37万円前後、「MC-RS800」は税別14万円前後と、熟考を重ねてからじゃないと購入に踏み切れない価格です。筆者の周りではこうした価格の理由などで、「そんなに枚数ないから俺が洗うよ」「ロボット掃除機を使っても結局自分で掃除する必要があるなら自分でやるよ」と、家事シェア家電に対して慎重な意見も聞きます。

また、自分ができることを、家電に任せるということになんとなく気が引けるという話も耳にします。家電と家事をシェアするとき、まず気持ちのハードルをどう乗り越えるかがポイントです。

セミナーの中では、最後に温水洗浄便座の紹介がありました。筆者は、これこそ家事シェアの入り口になる家電かもしれない! と一人で興奮。

○泡があるから、おしっこが飛ばない!?

「温水暖房便座ビューティ・トワレAWシリーズ」は、洗剤液の泡を噴射させて便器内面をコートするという特長があります。すごいのは、この泡があることで、男性がおしっこをしても、泡が受け止めるから飛びハネしにくいのだそうです。さらに泡には、水位線部分の輪じみをつきにくくする効果や、便器面のこびりつき汚れを防ぐ効果もあるそうです。

この泡は、食器用洗剤をタンクに入れて作るので、特別な洗剤を用意する必要はありません。導入するときも便座だけの交換で済むため、いま使っているトイレに、温水暖房便座ビューティ・トワレAWシリーズを取り付けられます。店頭価格は6万円前後(DL-AWK200)から8万円前後(DL-AWK600)と、ほかの家事シェア家電よりは手が届きやすいのではないでしょうか。

立ってトイレをすると飛びハネがすごいんです。壁や床だけでなく、ズボンにも! しかし、筆者の父もそうですが、座ってトイレをすることに抵抗を感じる男性は少なくありません。だからといって、用を足したあと常に自分で掃除をするというのもなかなか難しいですよね。自分のトイレスタイルを変えずに、温水洗浄便座を新しくすることで、トイレが汚れにくくなるのはすばらしくないですか? 家事シェアの一歩として、汚れを防ぐ家電を取り入れることで、家電と家事をシェアする生活を具体的にイメージできるかもしれません。