5位にランクダウンした松山英樹(撮影:米山聡明)

写真拡大

11月19日付けの男子世界ランキングが発表され、ダスティン・ジョンソン(米国)が1位をキープしている。
男子プロたちの宮崎での熱き戦いを写真でプレーバック!
2位のジョーダン・スピース、3位のジャスティン・トーマス(ともに米国)のトップ3に変動はなかった。それ以外のトップ10では、4位だった松山英樹が、欧州ツアー最終戦「DPワールドツアー選手権」で勝ったジョン・ラーム(スペイン)と入れ替わり5位にランクダウン。国内ツアー「ダンロップフェニックス」で2年連続優勝を果たしたブルックス・ケプカ(米国)は、10位から7位に浮上している。また、米国ツアー「RSMクラシック」でツアー初優勝を飾ったオースティン・クック(米国)は、302位から144位にジャンプアップしている。
日本勢の2番手は、37位の池田勇太で変わらず。その後は、54位の小平智、65位の谷原秀人が続いている。
【男子世界ランキング】
1位:ダスティン・ジョンソン(11.5668pt)
2位:ジョーダン・スピース(9.7527pt)
3位:ジャスティン・トーマス(8.9034pt)
4位:ジョン・ラーム (8.6345pt)
5位:松山英樹(8.4339pt)
6位:ジャスティン・ローズ (7.6471pt)
7位:ブルックス・ケプカ (6.8422pt)
8位:リッキー・ファウラー (6.4376pt)
9位:ヘンリック・ステンソン(6.4323pt)
10位:ローリー・マキロイ(6.3169pt)
37位:池田勇太(2.8954pt)
54位:小平智(2.3933pt)
65位:谷原秀人2.0744pt)
75位:宮里優作(1.8628pt)
97位:今平周吾(1.6184pt)
131位:片山晋呉(1.2763pt)
133位:時松隆光(1.2654pt)
144位:オースティン・クック(1.2093pt)
147位:片岡大育(1.2654pt)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

宮里優作 賞金王争いは「ガス欠気味」!? 【国内男子賞金ランキング】
鈴木愛が女王戴冠に王手!キム・ハヌル、イ・ミニョンは優勝が最低条件【国内女子賞金ランキング】
松山英樹、試合で初のエース達成!次ホールでは「フワフワする感じ」を初体験
石川遼、国内復帰後初の60台も「ショットの内容はまだまだ」
ブルックス・ケプカ、2位に9打差の“タイガー超え”で連覇!