松坂桃李&高橋一生、チンドン屋に変身

写真拡大

葵わかながヒロインを務めるNHK連続テレビ小説『わろてんか』(NHK総合、毎週月〜土曜日8:00)。11月22日放送の第45回では、松坂桃李演じる藤吉と、高橋一生演じる伊能が派手な衣装を身にまとい、チンドン屋姿を披露する。

11月20日から放送されている第8週「笑売の道」では、風鳥亭を開業して3カ月、てん(葵)と藤吉は売上げを伸ばすために亀井(内場勝則)のアイデアを試すが、逆効果でさらに客が減って借金返済の目処も立たなくなった。

そこでついに啄子(鈴木京香)が寄席の手伝いを始めることに。さまざまな目新しいサービスを考えることで徐々に客足が戻ってくる中、てんは暑い夏場にぴったりの飲み物“冷やしあめ”を売ることを思いつき、さらに氷を使った斬新な販売方法がウケ、冷やしあめは飛ぶように売れる。そんなときてんは、また現れた伊能から突然「君が必要なんだ」と言われて、驚く。

斬新な冷やし飴の売り方を考案したてんの発想力と商才にほれ込んだ伊能は、自分の商売にてんの力を貸して欲しいと頼み込むが、そのかわり藤吉と一緒に、寄席の表で客の呼び込みをする羽目になる。

また、昼間の通りには女性や老人がたくさんいることに気づいた伊能は、夜営業だけの寄席を昼にも興行してはどうかと提案。その読みはぴたりと当たり、女性客や老人客が風鳥亭につめかける。

チンドン屋と一緒に風鳥亭の宣伝をする藤吉と伊能は、たちまち女性たちに取り囲まれ、大人気に。店は賑わいを見せるが、てんは女性たちに囲まれている藤吉を見てふくれ…。松坂と高橋のかわいらしい姿は必見だ。