現実を「観察」しなければ何も始まらない。


 ビジネスの世界では、PDCAサイクルという言葉が流行しているようだ。

 PLAN(計画)、DO(実行)、CHECK(評価)、ACT(改善)を繰り返して、どんどんビジネスのあり方を改良していくのだという。

 研究者の私としては「これは科学の方法と似ているので、なかなかよい方法なのではないか」と最初は思っていた。しかし「待てよ」と最近になって気がついた。PDCAは、運用の仕方を誤ると、とんでもないことになる。ある重要なステップが、PDCAサイクルでは欠落しがちだからだ。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

PDCAサイクルと「裸の王様」

 PDCAサイクルのまずさは、国の政策を見ると分かりやすい。政治家か官僚が「素晴らしい(思いつきの)アイデア」を政策という形にしたものは数多い(どこの国とは言わない)。これはちょうど、PLAN(計画)に相当する。

 しかし、現実を丹念に調べずに思いつきで始めた政策は、うまくいかないことが多い。では、うまくいかなかったからCHECK(評価)がきちんと行われるかと言うと、そうはいかない。政策を掲げた政治家や大物官僚の顔をつぶさないよう、甘い評価がなされることが多い。ACT(改善)をあんまり真剣に行うと「政策がいけなかったというのか?!」と批判しているかのように取られてしまう恐れがあるので、それもろくに行われない。

 その結果、「政策は大成功のうちに終わった」というストーリーを維持したまま、静かにその政策をお蔵入りにする。それを反省材料にすると政治家や官僚の顔をつぶすことになりかねないので、将来に生かすこともできない。「大成功のうちに終わった」というストーリーを崩してはいけないのだ。

 こうした話は政治だけの話ではない。大企業でもよくあることのようだ。カリスマ社長が唱えたプランに基づいて大改革を行い、その結果、企業体質が悪い方向に変質したとしても、その社長に発信力があり、部下の自由な発言を封じ込める力がある場合は、「計画は非常にうまくいった」ことにする。とてもまずいデータが出てきても「見なかったことにする」。

 PDCAサイクルは、下手な運用をすると「裸の王様」を生むシステムになりかねない。王様がぶちあげたプランを部下たちが必死になってうまくいったように見せかけ(あくまで“みせかけ”)、「王様のプランは素晴らしい! おかげで万事うまくいきました!」と評価を甘々にし、誰も真の意味での改善に乗り出さないまま、ウソにウソを塗り固める行為を繰り返すことになる。

 もちろん、PDCAサイクルを訴えるさまざまな本には、そうならないようにするための注意点がいくつも書かれている。しかしPDCAという4文字の中に、ある重要なステップが具体的に組み込まれていないことが、誤用され、「裸の王様」を各所で生む原因になりはしないか、と懸念される。

 その重要なステップとは何か。「観察」なのだ。

「観察」は科学の不可欠要素

 科学の方法論は、5段階で表現できる。観察、推論、仮説、実験、考察。PDCAサイクルによく似ているが、「観察」を組み込んでいることがとても重要なのだ。

 たとえば「喫茶店を始めたいな」と構想を持ったとする。PDCAサイクルではいきなりプラン作りを始めてしまいそうだが、科学ではまず「観察」から始める。人気のある喫茶店はどんな店構えで、どんな内装で、どんなメニューをそろえていて、どんな接客をしているのか。徹底して観察を行う。

 そうするうちに、「流行る喫茶店にはこういう法則があるのではないか」と「推論」が湧いてくる。

 その推論に基づいて、「予算の中で行うなら、こうした喫茶店にすれば若者にも人気の喫茶店になるのではないか」と「仮説」を立ててみる。これがPLAN(計画)に相当する。

 そして実際に喫茶店を始めてみる。「実験」だ。これはDO(実行)に相当する。

 その結果、どうも若い客が少ない。よくよく考えたら、この町はお年寄りが多くて、若者が通るようなところでもなかった、ということに気がついたりする。「考察」だ。これはPDCAサイクルならCHECK(評価)に相当する。

 ここでPDCAサイクルならACT(改善)に移るところだが、科学では「観察」に戻る。結果を考察し、どうもお年寄りが多いという気づきがあったら、もう一度「観察」に戻るのだ。

 お年寄りの多い町で喫茶店を構えてしまったからには仕方ない。お年寄りに立ち寄ってもらえる喫茶店にするか、若者が遠方からでも立ち寄りたくなる喫茶店にするかだ。そこで、お年寄りがたくさん集う喫茶店めぐりをしてその特徴を「観察」したり、必ずしも若者が多くない街中にあるのに若者でにぎわう喫茶店を「観察」しに行ったりする。

 その上で「こんな工夫がなされているから流行っているのではないか」と推論し、「うちの喫茶店で最小限の予算で改良するなら、こうしたらよいのではないか」と仮説を立てる。

現実を直視せよ

 このように、科学の方法では「観察」を重視し、現実をできる限り正確に把握することを心がけている。

 むろん、科学者といえど人間だから、養老孟司氏が指摘するように「バカの壁」が存在する。自分が信じたい理論にしがみつきたくなり、見たくない現実を見ようとせず、見たい現実だけを見るということが起こりうる。

 しかし現実というのはシビアだ。「観察」をすると、うまくいかないという現実はどうしても突きつけられる。うまくいっているように見せよう、現実を捻じ曲げようとしても、観察から突きつけられる現実はシビアだ。現実を直視し、観察して現象をしゃぶりつくし、十分な裏づけのある推論と仮説を進めて、実験の精度を上げるしかない。

 科学では現実の直視、つまり「観察」を重要視するため、「バカの壁」の向こう側に気づくようになり、いつしか「あ、ムリ」と気づかされるときが来る。見たくないものも見ることを求める「観察」は、必死にしがみつこうとした自らの理論(仮説)にボロがあることも見抜き、しがみつく価値がないことを思い知らされるからだ。

 科学者にとって大切なのは、「グッドアイデア(プラン)」にしがみつくことではない。丹念で客観的な観察をもとに、妥当な推論をし、現実に根ざした「仮説(プラン)」を立てることだ。出発点は観察なのだ。PDCAサイクルは、その略語の成り立ちから「観察」が抜け落ちてしまっているのが惜しい。

 あまりにカリスマ過ぎて誰もが批判することをはばかれるが、やっぱりあの人がかの大企業を弱体化させる原因を作ったよね、という人は結構いる。これは、社長の打ち出したプランに誰も異を唱えることができないことから生じる「裸の王様」現象だ。

「科学の5段階法」の採用を

 私は、PDCAサイクルに代えて、科学の5段階法を採用することを推奨する。この方法は科学の方法論であるだけでなく、人間が本能的に備える学習スタイルと一致している。

 赤ちゃんが言葉を習得する際、お母さんがどう言っているかを「観察」する。「お母さんはおなかが減ったときに『マンマ』と言っているのではないか」と「推論」する。「ならば、自分が『マンマ』と言ったら、お母さんはおなかが減っていることに気づいてくれるのではないか」と「仮説」を立てる。そして「実験」してみる。うまくいけばオーケー、うまくいかなかった時は「何がまずかったのか?」を「考察」し、改めて注意深く「観察」し直す。

 恋も一緒。大好きな女の子を「観察」しているうち、動物の話題が好きなのでは、と「推論」する。「動物園で変わった動物がいた、という話題を提供したら面白がってくれるのでは」と「仮説」を立てる。実際に声をかけてみる(実験)。狙い通りに動物の話で盛り上がり、調子に乗って飼い猫の話をしたら顔が曇った。「もしかしたら、ネコだけは化け猫の怪談か、小さい頃の何かによって怖くなったのかな」と考察し、動物以外の話題でも盛り上がれないか、改めて相手を「観察」する。

 こうして、大好きな人との関係を構築していく際にも「観察」から始まる。

 実は、科学の5段解法は、人間が現実を把握し、適切な行動をとるよう修正するために行っている、本能的な思考パターンなのだ。この方法は、ビジネスを改良していく際にも、子どもの学習にも、人間関係を良好なものにしていくためにも、役立つはずだ。

 PDCAサイクル自体は、問題点をきちんと把握して運用するなら、それなりによいものだと思う。しかし「観察」が軽視されやすい手順となっていることに自覚がないと、リーダーが「裸の王様」化していく危険もはらんでいる。ならば、いっそ「科学の5段解法」に則って、ビジネスの改善に努めてみてはいかがだろうか。

筆者:篠原 信