米アップルが、同社初のAI(人工知能)スピーカー製品の発売を延期したことが話題になっている。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

発売時期を12月から「2018年初頭」に変更

  同社は今年(2017年)6月、iPhoneなどに搭載されているAI音声アシスタントサービス「Siri」を利用できる、スピーカー型機器「HomePod(ホームポッド)」を発表。これを同年12月に、米国、英国、オーストラリアで発売し、2018年には販売地域を順次拡大するとしていた。

(参考・関連記事)「アップル、ついに音声アシスタント機器市場に参入」

 だが、米アップルのウェブサイトでは、すでに発売時期が「2018年初頭」に変更されている。これについて、アップルの広報担当者は、米ニューヨーク・タイムズや米ザ・バージなどのメディア取材に対し、「人々がHomePodを体験するのを待ち切れない。だがこの製品を準備できるまでには、もう少し時間がかかる」と述べた。

アマゾン、AIスピーカー市場で首位

 その詳細については明らかになっていないが、今回の発売延期はアップルにとって“つまずき”だと、ニューヨーク・タイムズや米ウォールストリート・ジャーナルなどは伝えている。すでに同社のライバルがこの市場に製品を次々投入しており、アップルは、すでに遅れを取っている。これがさらに遅れるとなれば、アップルはこの市場におけるメジャープレーヤーのグループから取り残される可能性があると懸念されている。

 この市場では、まず、米アマゾン・ドットコムが2014年11月に、米国の一部のPrime会員を対象に「Echo(エコー)」を発売した。アマゾンは翌2015年に、同国で一般向け販売を開始。Echoはそれ以降、人気商品となり、2016年末時点で1000万台以上が売れたと推計されている。米国の市場調査会社CIRP(コンシューマー・インテリジェンス・リサーチ・パートナーズ)による最新の推計によると、姉妹製品を含めたEchoシリーズの販売台数は、過去2年間で2000万台となり、アマゾンはこの市場で首位を保っている。

 同社はEchoの海外展開も進めているほか、今年9月には、第2世代モデルや、上位モデル、小型モデルの新製品なども発表。アマゾンはこれらの一部をまもなく日本でも発売する。

(参考・関連記事)「アマゾンが怒濤の新製品攻勢」

グーグルも製品ラインアップ拡充

 一方で、米グーグルは、昨年11月に「Google Home」を米国で発売。今年10月には、その姉妹製品として、小型モデルの「Google Home Mini」と、大型モデル「Google Home Max」を発表。大型モデルを除く2製品は、日本で販売を始めている。

(参考・関連記事)「ついに日本上陸、アマゾンとグーグルのAIスピーカー」

 米国の市場調査会社eマーケターによると、今年の同国におけるAIスピーカー利用者数は、アマゾンのEchoが全体の7割。グーグルのGoogle Homeは同2割強を占め、米国のAIスピーカー市場はこの2社によって支配されると予測している。

高級路線を貫くアップル

 また、AIスピーカーは今、テクノロジー企業間のし烈な競争において、最前線にある製品だとウォールストリート・ジャーナルは伝えている。そして、この市場では、アマゾンの「Echo Dot」(49.99ドル)のように、より低価格な製品の販売が好調という。

 これに対し、アップルのHomePodは349ドルと、Echoシリーズの最も高額なモデル「Echo Show」(229.99ドル)よりも高い。アップルは、HomePodの特徴であるオーディオ性能をアピールし、高級路線を貫こうとしている。

 しかし、その戦略は、今の市場動向とは異なる。このため、HomePodは失敗に終わる可能性があると指摘するアナリストもいると、ウォールストリート・ジャーナルは伝えている。

筆者:小久保 重信