野中郁次郎(のなか・いくじろう)  1935年(昭和10年)、東京に生まれる。早稲田大学政治経済学部卒業。富士電機製造株式会社勤務ののち、カリフォルニア大学経営大学院(バークレー校)にてPh.D.取得。南山大学経営学部教授、防衛大学校社会科学教室教授、北陸先端科学技術大学院大学教授、一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授などを歴任。一橋大学名誉教授。著書に『組織と市場』(千倉書房、1974年。増補新装版、2014年)、『失敗の本質』(共著、ダイヤモンド社、1984年。中公文庫、1991年)、『知識創造の経営』(日本経済新聞社、1990年)、『アメリカ海兵隊』(中公新書、1995年)、『知識創造経営のプリンシプル』(共著、東洋経済新報社、2012年)、『戦略論の名著』(編著、中公新書、2013年)、『実践 ソーシャルイノベーション』(共著、千倉書房、2014年)、『全員経営』(共著、日本経済新聞社、2015年)、『知的機動力の本質』(中央公論社、2017年)、『日本の企業家 7 本田宗一郎 夢を追い続けた知的バーバリアン』(PHP経営叢書、2017年)などがある

写真拡大

ここ数年で、ビジネスシーンでもよく耳にするようになった「コラボレーション」という言葉。立場や専門性の異なる複数の人が共同作業を行うことで創発現象が起こり、期待以上の付加価値が生まれることを指す。では、なぜいま多くの企業がコラボレーションに着目しているのだろうか。一橋大学の野中郁次郎名誉教授は組織論的な観点から、そしてクオン代表の武田隆氏はインターネットの本質を組織づくりに組み込もうという試みを経て、それぞれの立場から「コラボレーションにおける共感の重要性」を説く。

共感に基づくコラボレーションで
「知」が膨らんでいく

野中 認知心理学者のマイケル・トマセロが書いた『ヒトはなぜ協力するのか』という本があります。トマセロはこの本の中で、人間が他の動物と本質的に違うのは、コラボレーションできるかどうかだと結論付けているんです。

 チームを組む、すなわちコーポレートすることは、チンパンジーでもやるんですよ。そのほうが餌を採りやすいですから。でも、ひとたび採ったら我先にと餌を食べようとする。つまり、コーポレートはできてもコラボレーションはできないんですよ。

武田 その違いは大きいですね。私どもは“カンパーニャ”(編集部注:カンパニーの語源で、「なけなしのパンを分け合う」の意)から始まった組織ですから、コラボレーションの大切さを身にしみて経験してきました。

 人間1人ひとりは弱い存在でも、もし「こいつは裏切らない」と心の底から信頼できる仲間がいれば、互いに背中を合わせて戦うことができるため、そのぶん戦力も高まります。しかしコラボレーションができないとなると、メンバーに背中を預けるなんて、とてもではありませんが怖くてできませんね。

 前回も少し触れさせていただいたように、私どもは「真にインターネット的な組織」を目指して組織づくりをしてきました。インターネットの本質はコラボレーションにあると考えているので、とにかくあらゆるシーンで共創し、創発を促すことを非常に大切にしてきました(コラボレーションと創発の意味合いについては、本連載の國領二郎氏との対談を参照)。

 当社には「コラボレーション20%ルール」というものがあります。全業務のうち2割はコラボレーションのためのディスカッションにあてるというルールでして、業務が忙しかろうと事業計画が苦しくなろうと、このコラボレーション20%ルールだけは死守してきました。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)