@AUTOCAR

写真拡大 (全4枚)

もくじ

ー新型ハイパーカー「SCG 004S」とは?
ーSCGはアメリカ製に? 004Sの価格は?

新型ハイパーカー「SCG 004S」とは?

スクーデリア・キャメロン・グリッケンハウス(SCG)が、新型ハイパーカー「SCG 004S」を発表した。

3シーター、659psを採用する新型車は、ル・マン24時間耐久レースへの参戦を目指している。

・5.0ℓV8ツインターボ
最高出力:659ps
最大トルク:73.4kg-m


レッドラインが8200rpmに設定されたこのユニットは、6速MTを介して後輪を駆動。パドルシフト付きATもオプションで選択することができる。

シャシー:カーボンファイバー製
車両重量:1179kg
乗員:3名(マクラーレンF1と同じレイアウト)
 

SCGはアメリカ製に? 004Sの価格は?


SCGの製造はこれまでイタリアで実施されていたが、この度アメリカにおいて、小規模自動車メーカーとして生産を行うための認可を得た。

2020年以降SCG 004Sは、年産250台というペースで製造される見込みだ。これにより、ル・マン24時間レースのGTEクラスへのエントリーが可能になる。


004Sのプロトタイプによる公道テストは、2018年中盤に開始され、その年の終わりにはファーストデリバリーも行われるという。

価格は$400,000(4480万円)と考えられている。

なお、AUTOCAR JAPAN上でこの記事をご覧になっている方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアでご覧の方は、記事下に設けられたリンク「『SCG 004S』すべての画像を見る」から、ほかの画像をお楽しみいただける。