百度会長の李彦宏氏は、「自動運転技術は既に成熟し、来年7月に百度と金龍客車の協力の下で生産された自動運転小型バスの大量生産を実現する見込みである」と指摘した。写真は北京の道路。

写真拡大

2017年百度世界大会が16日に開かれた。百度会長の李彦宏氏は大会で、現在、自動運転技術はすでに成熟し、来年7月に百度と金龍客車の協力の下で生産された自動運転小型バスの大量生産を実現する見込みであると指摘した。その他にも、百度は江淮汽車、北京汽車などのパートナーと連携しさらなる多くの自動運転車を開発しようとしている。新華社が16日付で伝えた。

人工知能技術が日増しに成熟する中、自動運転を含む人工知能の応用がさらなる多くの分野に広がっている。先日発表された中国の「次世代人工知能発展計画」では、自動運転車を含むスマート走行ツールが重点的な発展方向の一つとされた。

2013年、百度自動運転車プロジェクトが始動し、技術の核心として、高精度地図、測位、感知、知能決断とコントロールなど幾つかの部分が含まれている。車とインターネット、車と車、車と交通機関の接続を通じて、自動運転車は信号機や道路上の車両数などの情報を判断し、ドライブの効率を上げられる。現時点では試験運転が既に終わり、多くの都市で実際の道路状況での試験場所が設置された。自動運転が正式に商用化されるとき、人による運転と比べ、総合的な価格は後者の三分の一にも達しないと予測されている。

人工知能は自動運転のみに使われるのではなく、一般的な車両のより安全な走行にも役に立つ。現場では、李彦宏氏が百度が開発した疲労運転観測システムを展示し、「このシステムは運転手の身体の状況を観測し、疲れて眠い場合は自動的に運転の安全について注意を促す。これと同時に軽快な音楽を流してその眠気を覚ます。また、運転手が重度の疲労に陥っている場合は、システムは最寄りの休憩場に誘導してくれる。将来、車は自ら休憩場まで運転できるようになるだろう」と述べた。(提供/環球網・編集/インナ)