毛沢東(左)と臂平。1959年山東省にて。この年、毛沢東は「大躍進」の失敗で国家主席を辞任する(Fujifotos/アフロ)

中国では今、10月に開かれた共産党大会で習近平総書記が読み上げた「報告」の内容についての勉強会が全国各地で花盛りだという。

今世紀中葉に「中華民族が世界の諸民族の中にそびえたつ」ことを目標に掲げた習近平の「報告」のキーワードは、「新時代の中国の特色ある社会主義」である。この概念は習近平の「思想」として党の規約に盛り込まれた。それによって彼は中国共産党の歴史の中で「建国の父」と呼ばれる毛沢東、「近代化の父」と呼ばれる臂平と並ぶ最高指導者に位置づけられた。一連の人事で習近平の権力基盤は盤石なものとなった。次はその「思想」を国中に広めることで、カリスマ性の確立に走っているようだ。

毛沢東と臂平は対照的な指導者だった

中国の歴史を振り返ると、毛沢東と臂平という2人の指導者は対照的な人間だった。共産党内の権力闘争に勝った毛沢東は共産主義思想に忠実な教条的人物だった。1949年の建国後は「大躍進」と呼ばれる計画経済を人民公社を軸に推し進めた。しかし、この政策は経済合理性を欠いていたため、成果が乏しく数千万人に及ぶ飢餓者を出したといわれている。

1960年代に、路線転換に挑んだのが国家主席となった劉少奇と、その下にいた臂平だった。人民公社方式を改め農業などに個人経営の要素を取り入れた。これによって中国経済は成長を始めた。しかし、あくまでも「思想」にこだわる毛沢東は劉少奇らを「資本主義の道を歩むもの」として粛清した。そして、10年に及ぶ「文化大革命」が始まった。

経済の低迷が続く中、1970年代に入って文革路線の修正を進めたのが周恩来首相だった。周恩来は失脚し地方に追いやられていた臂平を北京に呼び戻し、1975年には工業や農業分野など「4つの近代化」路線を打ち出していった。

決定的な転機は1976年に訪れた。1月に周恩来が、9月に毛沢東が相次いで死去した。その後、臂平は一時的に失脚したが間もなく復活し、毛沢東路線を主張する勢力との闘争に勝利して権力を掌握した。臂平は文革の誤りを認めるとともに、中国経済に市場主義を取り入れる「改革開放路線」を打ち出した。その結果、中国は今日世界第2の経済大国に成長した。

毛沢東と臂平は多くの面で対照的である。毛沢東は自らにあらゆる権力を集中させ、共産主義思想や自らのカリスマ性にこだわり、自分に対する批判を許さない狭隘さを持っていた。毛沢東の足元を揺さぶろうとした少なからぬ幹部が悲惨な末路をたどったことは、毛沢東の冷徹さを物語っている。

これに対し臂平は、「白い猫であれ黒い猫であれ、ネズミを捕るのがよい猫である」という彼の言葉が象徴するように徹底したプラグマティストである。「すべての政策は生産力の発展に有利かどうかが重要」と語ったように市場経済への抵抗感は持っていなかった。また1人の人間にあらゆる権力が集中したことが「大躍進」や「文革」という失敗につながったとして、「個人崇拝」を否定し、党内に「集団指導体制」を持ち込むとともに、主要ポストに最大2期10年の任期制を導入した。「人治の国」と言われる中国だが、臂平は組織論的発想の持ち主という側面があった。

いずれにしても共産党の一党支配は揺るがない

もちろん2人には共通点もある。最も重要なことは中国共産党一党支配を大前提として考え、それを脅かすものへの強硬な対応である。毛沢東時代はもっぱら党内権力闘争が中心だった。しかし、臂平時代にはさまざまな形で西側の思想や文化が入り込み、民主化を求める動きが繰り返し出てきた。1989年の天安門事件が代表例だが、臂平は民主化の動きに対しては妥協を許さない対応をした。

「中国の特色ある社会主義」という言葉は臂平が提起したものだが、この意味するところは、経済分野は改革開放路線で西側同様の市場経済を取り入れるが、政治システムはあくまでも共産党一党支配を維持し、民主主義的制度は排除するという考えだ。

また臂平は集団指導体制を取り入れたにもかかわらず、表の役職からはずれた後も実質的に最高実力者として権力を握り、意思決定の中枢に君臨した。胡耀邦や趙紫陽ら総書記を失脚させるなど、人事権も手放さなかった。その点も結果的には毛沢東と同じだった。

では、習近平はどうだろうか。「報告」から浮かび上がるのは、臂平路線の終焉、あるいは否定という側面と、ある種の毛沢東路線への回帰だ。

習近平は「党、政、軍、民、学の各方面、東・西・南・北・中の全国各地で、党はすべての活動を指導する」として、政治、経済、文化と中国社会のありとあらゆる分野への中国共産党の関与、指導を鮮明に打ち出した。専門家の間には「まるで文革時代を思い出させるような言い回しだ」という人もいる。

それは民間企業にも及んでおり、企業内に共産党組織を作ることを求めている。共産党が中国社会のすべての分野の組織を掌握する。そして、共産党のトップに習近平が君臨する。それが彼の打ち出した統治の姿である。習近平への権限や権力の集中が一層進められ、その考えを「思想」と位置付けることで個人崇拝の動きさえ出てくるという特徴を持っている。

これらは臂平が重視した「集団指導体制」とは逆の方向を持ち、毛沢東的な1人の人間への権力、権威の集中路線である。また臂平の「中国の特色ある社会主義」という言葉は継承したものの、習近平は市場経済をも党のコントロール下に置こうとしている。これは臂平の考えとは異なり、毛沢東的な原理主義に近い。

世界に冠たる国家を形成することが「中国の夢」

「報告」ではこのほかに、「世界に全く同じ政治制度モデルは存在しない。政治制度は特定の社会、政治条件、歴史、文化伝統から切り離して抽象的に評価されるべきではない」「外国の政治制度モデルを機械的に模倣したりすべきでない」とも語っている。これは、人権問題や言論弾圧などの中国に対する批判を意識し、自らの政治制度を正統化するとともに、西側諸国の民主主義システムを取り入れる考えのないことを鮮明にしたものだ。

そのうえで「報告」は中国国民の民族ナショナリズムを繰り返し強調している。歴代の中国の為政者にとって、アヘン戦争以後、西欧列強や日本に侵食された歴史は屈辱的なものであり、習近平も「アヘン戦争以後、中国は内憂外患の暗黒状態に陥り、中国人民は、戦乱が頻発し山河が荒れ果て、人々が生活の道を失う大きな苦難をなめ尽くした」と言及している。この歴史からの脱却、つまり世界に冠たる国家を形成することが、繰り返し登場する「中華民族の復活」であり「中国の夢」の実現なのである。

選挙によって為政者を選ぶという民主主義的な手続きのない中国の指導者は常に2つの「正統性」を確立することを強いられている。1つは共産党一党支配の正統性、もう1つは自分が最高権力者であることの正統性である。

抗日戦争や国民党との戦いに勝利した毛沢東は、その実績と共産主義というイデオロギーで2つの正統性を獲得した。臂平は、「改革開放路線」の実践で経済成長という果実を実現し、やはり正統性確保に成功した。

その後、中国社会は経済成長と国際化の波の中で大きく変貌した。経済成長によって富が分配され、社会階層が多様化し価値観も多様化した。さまざまな既得権も生まれた。情報化の進展で西側の政治制度などについての情報も入ってくる。必然的に人々が政治参加を求めるようになる。しかし、それに対応できる政治制度は中国にはない。そのため、人々の要求は時に共産党支配への批判につながっていく。

2つの正統性を得るのは困難で、強硬路線に

つまり、毛沢東や臂平の時代に比べると習近平の時代は2つの正統性を得ることが比較にならないほど困難になっているのだ。そこで習近平が打ち出したのは、共産党支配のさらなる徹底と、その上に君臨する自らへの権力と権威の集中、さらには民族ナショナリズムの強調という古典的手法だった。それを補強するため、今年に入ってからはネット規制の強化、体制批判を強めるジャーナリストや学者、文化人の弾圧強化を進めている。

自国中心主義に傾斜する米国のドナルド・トランプ大統領の向こうを張って中国は自由貿易や地球温暖化対策の重要性を強調しているが、「報告」を精読すると習近平は、かなりいびつで特殊な国家像を実現しようとしていることがわかる。日本をはじめ欧米主要国は、こうした中国とどう接していくのか、こちらもかなりの困難を伴いそうである。