変革がなければ、進歩はありません。ただし、世の中には安定を望む人間も少なからず存在します。TumblrやInstapaper、Overcastといった名だたるサービスを開発してきた著名デベロッパーのマルコ・アーメント氏もその1人です。

これがピークだ

マルコ・アーメント氏は、2012〜2015年の15インチMacBook Proこそ史上最高のラップトップだったと考えています。それも「これがピークだ。これこそ今までに存在したラップトップの中で最高だ」とまで言うのですから、ただ事ではありません。
 
彼によれば、スティーブ・ジョブス氏が逝去してから1年も経たないうちに登場した、2012年のRetinaディスプレイ搭載MacBook Proは、素晴らしいバランスを兼ね備えていたそうです。
 

 
このモデルでAppleは、EthernetのポートとCD/DVD用のドライブを排除し、従来のモデルよりも大幅にスリム化することに成功しています。ペアとなったThunderboltとUSB-Aポート、1つのHDMIポート、1つのSDカードスロット、そして1つのMagSafe――アーメント氏によれば、これはまさに「万人受けするデザイン」であり、「サイズと利便性の間で素晴らしいバランスを保っている」のだそうです。この構成は2015年まで続きました。

2016年以降のモデルは挑戦的すぎる?

では、2016年以降のモデルは素晴らしくないのでしょうか。
 
アーメント氏は直接的に言及していませんが、「(2012〜2015年のモデルが)今後も最高のラップトップであり続けないことを願う」という文章で締めくくっていることからも、少なくとも現行のデザインに多少なりとも不満を感じているようです。
 
2016年よりMacBook Proはさらなる薄型化を追求すべく、キーボードの“打鍵感”を抑えています。また、構成も4つのThunderbolt3ポート(USB Type-Cポート)が搭載された一方、それまで存在したUSB-Aポート、HDMIポート、SDカードスロット、MagSafeが廃止されています。
 

 
また以前には、バッテリーの持ちにバラつきがあるとして大きな問題となったこともあります(現在は解決済とされている)。こうしたことから、“Pro”には似つかわしくないと感じるユーザーが多少なりとも存在するようです。
 
もっとも、Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)によれば、Macの収益は2017年度で258億ドル(約2兆8,900億円)を売り上げ、最高記録を達成したそうなので、こうした批判もどこ吹く風ということなのでしょう。
 
 
Source:Marco.org via MacRumors
Photo:Apple
(kihachi)