久保建英も絡んだ!FC東京U-23、ゴール前でやった驚異の「パスワーク」

写真拡大

17チームで争われているJ3で、現在10位につけるFC東京U-23。

先週末はSC相模原と対戦し、Jリーグ通算500試合出場を飾ったGK川口能活相手にゴールを脅かした。

そんなこのゲームでは、若い選手たちが美しいパスワークで相模原ディフェンスを翻弄してみせた(02:46から)。

0-0で迎えた68分、FC東京U-23は内田宅哉のパスからダイレクトプレーが炸裂!

ユ・インスがヒールで合わせると米本拓司、久保建英がテンポ良くボールを繋ぐと、内田が絶妙なタッチでボールを落とす。

ここにユ・インスが再び走り込んでファーサイドにシュートを放つも、これは川口に阻まれた。

ゴールにはならなかったものの、まるでバルセロナのパス回しを彷彿とさせる美しい連動であった。

なお、試合は0-0で終了となっている。