【閲覧注意】男子から見た「ar(アール)」のミドコロ!(12月号・後編)

写真拡大 (全18枚)

こんにちは! ライターのカツセマサヒコです。

女性誌「ar(アール)」の見所をオトコの(というよりは僕の)独断と偏見で紹介していく当コーナー。前編に引き続き、今回も「ar(アール)」12月号のミドコロを徹底解剖していこうと思います!

「ボトム特集」が脚フェチには神企画すぎる


まずは脚フェチを唸らせる「真冬のボトム最新ルール」企画〜!
ロングブーツからカラータイツ、ソックス、ショーパン、ミニスカ、マキシ丈ワンピまで、脚フェチ男子を全力でオトしにかかる気合いの特集です!!

こんなヒール×カラータイツ×タイトスカートの組み合わせ女子が「あ、今スカートの中見たでしょ?」って顔してこっちみてる図、控えめに言ってもフル単あげたい〜〜!!!


こういうコーデュロイパンツはいた女の子と映画館デート行って見終わって照明がついたらパンツにポップコーンの食べカスがめちゃくちゃ付いてて「子供かよー」って笑いながら一緒にはらってあげるやつやりたい〜〜〜〜!!!!

台形スカートの中にポケモン探したい〜〜〜〜〜〜〜!!!!

この脚で作られた冬の大三角形に自ら飛び込んで星座のひとつになりたい〜〜〜〜!!!!
といった感じで妄想無限大で楽しめる男ウケ抜群コンテンツです。

でも、一個だけ気に食わないのがありまして……


それはさすがにオシャレレベル高すぎじゃない?
これでデート来られたらどんな顔していいかわかんないでしょ。「お、素敵な象さんだね!?」なんて返せたらイケメンすぎて怖いですって、それ。「ar(アール)」たまに攻めすぎるから本当に気を付けたほうがいいぞ。

 

山本美月さんが襲来したのでデートしました


続いて、「ar(アール)」に山本美月さん登場〜! 「冬カラーのモテ服」を披露してくれたのですがー……


超絶かわいいーーーーーーーっ!!!
こんな格好で「ごめんー、待った?」ってやられちゃったら600時間待ってても「今来たとこ」って答えちゃうし、服褒めたら「えへへ、なんかクリスマスツリーみたいじゃない?」とか言われたいし、それに対して「じゃあ俺サンタさんやるよ」ってボケたら「私、いい子に寝ていられるタイプじゃないよ?」ってイタズラな笑顔で言われてさっさと僕のトナカイも真っ赤になってしまいたいです。


あと、この写真は「スプラッシュマウンテン直後」だと思うと78億倍くらいデート感が出て楽しめるのでオススメです。

山本美月さんは何がズルいかわかんないけどズルすぎたので、他の写真も見たかったら「ar(アール)」を買ってください。

NEXT:濡れたイケメンにツッコミが止まらない件

イケメン美容師がなんかやってるwwwww


「ar(アール)」はたまにバカになることがあるのですが、今回はまさにその典型。「イケメン美容師を集めて上から水をぶっかける企画」が始まりました。


「ごめん、先に濡れちゃったよ」


「こんなアナタを見られるなんて、水の星に生まれてよかった…」

「親にだってこんなに濡らされたことないのに…♡」

編集部、マジで疲れすぎてるでしょ?
そもそも「親に濡らされてる」ってどういう設定だってばよ。いろいろおかしいだろ。

あと、

「H2O×イケメン三銃士の化学反応」ってなんだよ。
理系男子が火炎瓶持って編集部に投げつけてきそうなコピーに爆笑しました。いい。今月号の「ar(アール)」、いつにも増して最高でした。

ボクの推し俳優を紹介します


最後はさらに個人的な話ですが、桐谷健太さんが超好きで、「ar(アール)」にも出ていたので紹介します!!!

めっちゃクールそうなのに中身アツくて、関西弁が超似合うし「男!」って感じがして、たまらなくないですか! こういう兄貴みたいな人がいたら楽しいだろうな〜! っていつも思うわけです。『火花』も『ビジランテ』も気になるから絶対に見に行きたい〜!!


あと、「クリスマスに何欲しい?」って質問に、「自分が普段行かないようなお店に連れて行ってもらいたい」って答えていて、「わかる〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!」って全ボクが肯定していました。

男子がエスコートするのは当たり前だとすると、クリスマスくらい逆転したって良くないですか!? 別に景色の良いレストランじゃなくても、彼が好きなメニューがしれっと出てくるようなお店を予約しておいて、二次会も、これまでふたりで行ったことないお店だったら焼き鳥屋だってラーメン屋だって楽しいと思うのです!

「ちょっと、連れて行きたいお店があるんだ♪」って言ってくれるだけで彼はメロメロだろうからね! きっとね!! 幸せかよ!!! てなわけで、女性陣、ぜひ頭の片隅に入れておいてください〜!

おわりに

そんなかんじで、「ar(アール)」12月号のミドコロを非難覚悟で紹介させていただきました!

大好きなあの人に好かれたい!と奮闘している女子! がんばってー!!!

またね〜〜〜!!!

そもそも「ar(アール)」ってどんな雑誌?


「ar(アール)」のコンセプトは、「ひとりモテ」。「ひとりモテ」というのは「自分の好きな人にだけモテる」という意味なんですが、「ファッションもビューティーもヘアも、全部好きな人のためにがんばるよ!」っていう女子を応援するためのトータルコーディネート誌なのだそうです。何それかわいい。好き。

 

TEXT/カツセマサヒコ
ライター・編集者
2017年4月に独立。小説、コラム、エッセイなど幅広く活躍中。
arwebで『雌ガール、三度目の恋をする』を連載。
Twitter: @katsuse_m

もっとカツセさんのことを詳しく知りたい方はこちら
カツセマサヒコの意外な一面を暴いてきた
カツセマサヒコの恋愛について暴いてきた