北九州DF石神直哉が右腓腹筋筋挫傷で全治約3カ月見込み

写真拡大

▽ギラヴァンツ北九州は20日、DF石神直哉が右腓腹筋筋挫傷と診断されたことを発表した。全治は約3カ月の見込みだと伝えられている。

▽石神は、10月2日のトレーニング中に負傷。北九州市内の病院で検査および入院し、今回の診断結果となった。石神は、明治安田生命J3リーグ第24節のカターレ富山戦以降、メンバーから外れている。

▽今シーズンの石神は、J3第31節終了時点で7試合に先発出場していた。