受動喫煙防止条例に反対 客と店が自由に選択できるべきと主張

ざっくり言うと

  • タバコ販売店や飲食業界が受動喫煙防止条例に反対する署名活動を実施した
  • 飲食店組合などは、客と店側が自由に選択できるべきだと主張している
  • 小池都知事は9月、屋内を禁煙とし違反者には罰金を科す方針を発表していた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング