爆笑問題

写真拡大

19日放送のラジオ番組「爆笑問題の日曜サンデー」(TBSラジオ)で、爆笑問題の太田光が、大相撲の横綱・日馬富士の暴行疑惑問題における、ワイドショーなどに登場するコメンテーターの見解が変化しつつあることを指摘した。

番組では「ラジオサンデージャポンPLUS」のコーナーで、日馬富士が平幕・貴ノ岩を殴りケガを負わせたとされる事件を取り上げた。

この話題で、太田は「野球なんかもそうだけどさ、八百長だのなんだのってさ」「それを見ている(ファンの)人たちのショックは大きいから、騒ぎになっちゃうのはしょうがないね」と現状を語る。

相方の田中裕二も「話さなかったり、言ってることが違うから、余計にみんなが推測したくなる」と詳細が明らかになっていないことで、騒ぎが大きくなっていると分析した。

すると、太田は「ワイドショーなんかでも、コメンテーターの人も『それは傷害だからダメだろ!』って言ってたのが、なんか日を追うごとに『あ、俺、マズイこと言っちゃったかな』みたいになっちゃうのも、それも無理もないしさ」「どうすりゃいいんだろうね」と真相が明らかになっていないため、コメンテーターが困惑してしまうことを指摘したのだ。

今後について田中が「貴乃花親方の動向がポイント」と話すと、同局のニュースデスク・柴田秀一氏も「ずっと黙っている貴乃花親方が、いずれ(詳細を)話さないと(真相は)わからない」と、指摘していた。

【関連記事】
藤田紀子が相撲界のしきたりを明かす…貴乃花親方は「語れない」
朝青龍が日馬富士の暴行問題をめぐりマスコミ批判…高須克弥氏も反応
暴行受けた貴ノ岩の兄にテレ朝番組が取材 日馬富士と白鵬への怒りを吐露