続投を表明した徳島のリカルド・ロドリゲス監督【写真:Getty Images】

写真拡大

 J2徳島ヴォルティスは20日、リカルド・ロドリゲス監督との契約更新を発表した。

 ロドリゲス監督は、今季から徳島の指揮官に就任。スペイン人の同監督は、戦術的な規律を与えることでチームを上位へ躍進させることに成功したものの、最終節で東京ヴェルディに敗れ7位に転落。プレーオフ圏外となり、今季でのJ1昇格は絶たれていた。

 徳島は、契約延長に対するロドリゲス監督のコメントを公式サイトで公開している。

 「ホームでもアウェイでもサポートしていただいたファン・サポーターの皆様、今シーズン1年間ありがとうございました。今シーズン我々のサッカーを観て楽しんでいただけたことを願っています。今シーズンはプレーオフにたどり着くことができませんでした。ただ、私は徳島ヴォルティスをより強くするために来シーズンも監督として続投することとなりました。この攻撃的なスタイルを貫きながら、来年もJ1に昇格するために戦っていきます。そして、さらに強くなって来シーズン戻ってきます。1年間応援ありがとうございました。また来年会いましょう」

text by 編集部