デバイスにかぶせるだけで360度カメラとして使用できるFishballがクラウドファンディングサイトIndiegogoに登場しました。本体に直接取りつけられるためBluetoohなどの無線通信を必要とせず、バッテリー切れや外部メモリの心配がいらないのが特徴です。

オフライン360度カメラFishball

FishballはiPhoneに取りつけるだけで360度カメラとして使用することができる外付けレンズです。米メディアのThe Vergeに取り上げられたあと、クラウドファンディングサイトのIndiegogoでキャンペーンが開始されました。
 
Fishballの最も大きな特徴は、外付けレンズであることです。スマホ連動型の360度カメラと異なり、撮った画像をデバイス本体に直接保存できるため、Bluetoothなどの無線通信の必要がなく、バッテリー切れや外部メモリの心配がいりません

Fishballの使い方

まずFishballをiPhoneに取りつけます。
 

 
その後専用アプリで写真撮影を行なう、それだけです。
 

 
対応モデルは、iPhone7/7 Plus/8/8 Plus/Xとなっています。
 
FishballアプリはApp Storeから無料でダウンロード可能となっており、撮った360度パノラマ画像は、すぐさまFacebook、YouTube、Twitter、Vimeoなどで共有することができます。
 
クラウドファンディングキャンペーン上での最安価格は39ドル(約4,400円)となっており、通常の60%の価格でFishballを購入することができます。
 

 
 
Source:Indiegogo via The Verge
(lexi)