金沢内定DF山本義道(左)と長野内定MF堂安憂がプロの世界での活躍を誓った

写真拡大

 びわこ成蹊スポーツ大に所属するMF堂安憂(4年=創造学園高、AC長野パルセイロ内定)とDF山本義道(4年=作陽高、ツエーゲン金沢内定)の加入内定会見が20日、同校で行われた。5月にヴィッセル神戸への加入内定が発表されたDF宮大樹(4年=清明学院高)も含め、今季びわこ大からは、3人がJリーグへと進む。

 湖国から、プロの世界へと飛び出す2人が意気込みを口にした。会見にはびわこ成蹊スポーツ大の望月聡監督と入口豊学長、金沢の和田昌裕強化・アカデミー本部長、長野の美濃部直彦GMも出席した。最初にマイクを握った金沢・和田本部長は、「中盤の選手を探しに関西学生サッカーリーグへ行ったが、山本選手のプレーが目に留まった。柳下(正明)監督の積極的にボールを奪うスタイルに合うと思い、練習参加をお願いしたところ、練習試合でのプレーを監督も気に入った」と山本の獲得に至った経緯を説明。「怖がらずにボールを奪いに行けるし、大きくて足元の技術もある。線の細さもあるけど、1年目からレギュラーを目指せる素材だと思う」と期待を寄せた。

 長野・美濃部GMは、「獲得する、3つの要素があった」と堂安獲得の決め手となったポイントを説明。「一つめは関西出身だけど、高校時代は長野で過ごしており、地元の人たちから良い選手だと聞いていた。二つめは自己主張ができること。自分の意思を僕にしっかり伝えてくれ、人間的にしっかりしていると感じた。三つめは若い選手の獲得を目指す中で、特にサイドハーフで点が獲れて、ドリブルで突破できる選手を探していた」。山本同様、即戦力として考えられており、「出場機会を掴みながら成長しながら、クラブと共にJ2、J1へと上がって行って欲しい」とエールを送った。

「身長を活かしたヘディングと相手の攻撃の起点を抑える守備がストロングポイント」と自己紹介した山本は、「何度か練習参加させてもらった時の雰囲気が良かった。守備のポジショニングも細かく教えてもらい、成長できるクラブだと思った」と加入を決めた理由を説明。「プロの世界で自分のストロングポイントを伸ばし、金沢の勝利に貢献したいので、応援よろしくお願いします」と金沢サポーターにメッセージを送ると共に、「金沢でJ1昇格に貢献して、いずれ日本代表に選ばれたい」と夢を語った。

 一方、「こうやってプロになれたのは、たくさんの人に支えがあったからだと思う。特に両親や弟(堂安律、現フローニンゲン)の存在は大きかった」と感謝の気持ちを表した堂安は、「長所はスピードに乗ったドリブルとプレースキック。自分に求められているのは、得点とサイドの突破だと思う。チーム内での競争に勝ち、長野パルセイロの昇格に貢献したい。精一杯頑張るので、応援よろしくお願いします」と挨拶。「将来的にはJ1で活躍し、得点王も獲りたい」と抱負を口にしつつ、プロ1年目の目標として、スタメン定着と5ゴールを掲げた。

 小さな頃から憧れた世界への意気込みを語った二人だが、大学サッカーで活躍する場も残っている。関西王者として挑む12月のインカレに照準を合わせ、日本一への準備を進めていく。

(取材・文 森田将義)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ