南北軍事境界線上にある板門店の共同警備区域(JSA)から韓国側へ亡命する際に銃撃を受けた北朝鮮兵が搬送先の亜州大病院(京畿道水原市)で2回目の手術を受けた。手術終了後、兵士の容体について説明する執刀医=15日、水原(聯合ニュース)
(END)
【水原聯合ニュース】南北軍事境界線上にある板門店の共同警備区域(JSA)で韓国側へ亡命する際、北朝鮮軍から銃撃を受け、韓国で2度の手術を受けた北朝鮮軍兵士が自発呼吸を取り戻したことが20日、分かった。

 ただ、肺炎の症状が深刻で意識は完全には戻っていないという。病院側は経過を見守りながら治療を続ける方針だ。

 兵士はひじや肩、腹部などに5〜6カ所の銃創があり、軍事境界線を越えてきた13日午後にソウル近郊の亜州大病院に緊急搬送されて約5時間にわたる手術を受けた。15日には腹壁に残っていた弾丸を除去するなど2回目の手術を受けた。