浦和GK西川、さまさま!ACL決勝でやった連続「神セーブ」を見たか

写真拡大

18日(土)に行われたAFCチャンピオンズリーグ決勝の第1戦。

浦和レッズはアル・ヒラルのホームに乗り込み、1-1と引き分けた。

ラファエル・シルバのゴールで幸先良く先制するも、浦和はアル・ヒラルに猛攻を許す。

それでも1失点に抑えられたのは、守護神である西川周作のスーパーセーブがあったからだ(00:49から)。

まずは23分のシーン。

ムハンマド・ジャフファリのサイドチェンジにムハンマド・アル・ブライクが追いつき、これを中に折り返す。するとフリーになっていたオーマル・ハリビンが合わせるも、これに西川が立ちはだかりセービング!

さらに33分、サルマン・アル・ファラージが高速パスを送ると、これが浦和の背後を取ったハリビンへと通る。一対一になったハリビンがシュートを放つも、再び西川がこれをセービング!

至近距離からのシュートであったにもかかわらずこれを胸で防ぎ、二連続でピンチを凌いだ。

アル・ヒラルに15本のシュートを許した西川。試合後、「サッカーはチームで戦うスポーツでもあるので、味方がミスをすることがあるし、自分もミスをすることがある。その中でGKとしての役割をこなすことだけに集中していた」と振り返っている。