©テレビ朝日

写真拡大 (全3枚)

11月21日(火)に放送される『徹子の部屋』に、俳優の高橋克典が登場する。

©テレビ朝日

39歳で結婚、44歳にして長男を授かった高橋は、子育てにも熱心な“イクメンパパ”。小学校3年生の息子と過ごす、その微笑ましい暮らしぶりが明かされる。

そんな高橋の“パパ仲間”は、ミュージカル界の大物俳優・市村正親。息子同士が同じ学校に通う仲で、つい最近は高橋の楽屋のれんをプレゼントしてくれたのだという。

©テレビ朝日

また高橋は、黒柳徹子の人生を描く帯ドラマ『トットちゃん!』で、黒柳が“恩人”と語る飯沢匡氏を演じた。

黒柳はNHKの新人時代、強すぎる個性が災いし、自信を喪失していた。そんな黒柳の個性を認めて背中を押してくれたのが、劇作家の飯沢氏だった。番組では、飯沢氏が40年前に『徹子の部屋』に出演したときの貴重な映像が公開される。

そして、高橋の人生を後押ししてくれた恩人の名前も明かされることに。その意外な名前とは?