“スペア”黒木メイサ「EDのサショーさんを…」謎の行動に視聴者困惑

写真拡大

城田優が、11月18日放送の三浦春馬主演ドラマ『オトナ高校』(テレビ朝日系列、毎週土曜23:05〜)の第5話にゲスト出演。“王子”を自称する童貞・岩清水叶役で登場し、新たな展開に注目が集まったが、後半に訪れた“三浦が黒木メイサに告白する”シーンにまさかの事態が起こり、インターネット上でも盛り上がりを見せた。

この作品は、深刻な少子化問題に歯止めをかけるため、政府が打ち立てた「第2義務教育法案」に基づく公的機関「オトナ高校」が舞台。この高校は、異性との性体験のない30歳以上の男女“やらみそ(=ヤラないまま三十路)”たちが、有無を言わせず入学させられる学校で、第1話では、突然、国からオトナ高校への入学を義務付けられた主人公・荒川英人(三浦)が、動揺しつつも入学。卒業条件である“童貞卒業”を目指して恋愛を学ぶことになった。そんなオトナ高校で、30代から50代まで様々なタイプの恋ヘタ学友らと悩みを分かち、時にぶつかり合いながら、10代の高校時代には味わえなかった青春をやり直し、人として成長していく姿が描かれている。

これまで童貞卒業を目指し、様々な方法で“男女の関わり”について学んできたが、この第5話では、“王子”の登場によってさらに物語は変化していった。“王子”こと岩清水は、実は「オトナ高校」を創った総理大臣の息子。そのため、校長・嘉数喜一郎(杉本哲太)も特別扱いを公言。“卒業させたらボーナス支給”というご褒美に釣られたエロ小悪魔教師・姫谷さくら(松井愛莉)は、さっそく岩清水を誘惑し始めた。しかも、永遠のスペア処女・園部真希(黒木)までもが、岩清水にアプローチを仕掛け、女の戦いが勃発したのだ。

そんな彼らを前に、30歳のエリート童貞・英人は、心中穏やかではないが、「僕ほどのエリートなら、総理の息子くらいがライバルとしてちょうどいい」と、妙なヤル気をみなぎらせた。一方の岩清水は、授業をボイコットしたり校則を無視したりと、やりたい放題。そんな折、英人と55歳童貞部長・権田勘助(高橋克実)は、ある噂を耳に。それは幼い頃からピアノ一筋の岩清水には、コンクールで出会った初恋相手を未だ想っているということ。真相を確かめるべく2人は行動に……。

結果、チェリートたちは王子の初恋を応援。男の友情だ! と結束し、それぞれ目標のために勇気を出して前進していくことを誓っただのだ。王子は、英人たちの応援もあり、初恋の子と会うことができ、そのまま卒業を。一方の英人は、なぜか気になって仕方がない真希にアタック。電話越しに「君のことが気になってしまう!」想いを告げるも、電話が途中で切れてしまい「あれ?」と。すると目の前に、なぜか真希と権田部長がホテルに入って行こうとするところを目撃し、英人は混乱するのだった。そんな英人の成長を見守る視聴者から「英人の心の成長が見られて、だんだん本当のイケメンになっていってる」「チェリート君にモヤモヤしてたけど最後のスペアさんへの告白ほんとドキドキした」「おおー! 告白した!」という声が。そして真希の行動に対しては、「最後の告白シーンいろいろ予想外の展開」「めちゃめちゃ気になります」「スペアさんがサショーさんと…」「とりあえずEDのサショーさんを誘うスペアさん」「部長の手を引くスペアさんw」「英人さん、スペアさんに告白したのに!!」「英人、玉砕?」と読めない展開に次回への期待値が上がっていた。