『今からあなたを脅迫します』に新展開!? 武井咲とディーン・フジオカの絆深まる

写真拡大

 先週の放送で金坂澪(武井咲)や京田カオル(鈴木伸之)の正体がだんだんと明らかになり、徐々に物語の主軸が見えてきた『今からあなたを脅迫します』(日本テレビ系)。11月19日に放送された第5話ではカオル、そして澪を幼い頃から支えてきた国会議員・新戸部文夫(袴田吉彦)の真の目的が明らかとなった。

(参考:今期ドラマのトレンドは“男を懲らしめる”? 『奥様は、取り扱い注意』から『監獄のお姫さま』まで

 カオルは今まで、澪の隣に住む優しい大学生として、千川完二(ディーン・フジオカ)ら脅迫屋に振り回され、悩んでいた澪にアドバイスをし背中を押してきた。しかし、第3話で澪へあげたぬいぐるみに盗聴器を仕掛けていたことがわかった。一方、新戸部は家元を離れ暮らしている澪を心配し、祖父であり、政界のドン・轟雄之助(近藤正臣)との仲も取り持ってきた。2年前に起きたセントラルベイホテル爆破事件で自分の命を顧みず人命救助をした新戸部は、国民からの支持も厚い。そんな印象を覆す大事件が、澪と脅迫屋に降りかかった。

「七海(澪の母親)と約束したんだ。澪を守ると」。これまで澪を押さえつけ、言う通りにしなさいとぶっきらぼうな態度ばかりとってきた轟だが、孫を思う一途なセリフを口にした。そして、轟は千川に「孫を守れ。さもなくば君と、仲間たちは全て消す」と脅迫する。仕方なく澪の部屋に行く千川と目黒(三宅弘城)だが、部屋はもぬけの空、防犯カメラから京田が犯人であることを特定、不破鉄男(小沢仁志)のタレコミから黒幕が新戸部であることを突き止めた。

 新戸部は轟の家を訪ね、澪を人質に彼の財産を自分に譲り死ぬよう要求。轟は「私が死ねば澪は助かるんだな」と覚悟を決め、この会話を盗聴していた千川は、澪の救出へと向かう。「助けてください。おじいちゃんを」と轟の心配をする澪の言葉を受け、千川は新戸部の陰謀を阻止した。

 千川は新戸部に歩み寄り、「お前に脅迫のお手本を見せてやる。心臓を打たれて死ぬか、頭を打たれて死ぬかどちらかを選べ。さもなくば撃つ」と行き止まりの脅迫をする。涙ながらに「なんでもします」と命乞いをする新戸部に「残念だ、新戸部文夫はもう死んでた」と銃がおもちゃであることを明かし、去っていった。この事件をきっかけに、轟は澪と“家族として“向き合って行くことを決意。新戸部は逮捕され、京田は姿を消した。

 第1章が終えたとも言えるこのエンディングは「傷つける脅迫はしない」という脅迫屋の美学と、意外にも結束の強いチームワークを印象付けるものとなった。そして澪もまた、今回の事件を経て千川のいいパートナーになれるのではないだろうか。来週には「ナンパ師」として間宮祥太朗が脅迫屋入りを懇願。「新しい物語が動き出す」とのことで、どうストーリーが展開されていくのか、間宮ら新キャストはどういった形で絡んでいくのか、目が離せない。

(馬場翔太)