アンディ・マレー、イワン・レンドルとのパートナー解消を発表

写真拡大

アンディ・マレー(イギリス)とイワン・レンドル(アメリカ)は2回目となるパートナー解消を行い、3つのグランドスラムタイトルと2つのオリンピック金メダルをもたらした彼らのパートナーシップは終わりを迎えた。

マレーは金曜日、自身のウェブサイトで彼とレンドルが「コーチング関係を解消することにお互いに同意した」と発表した。マレーのテニスプレーヤーとしての最高の勝利の数々は、全てレンドルがコーチとして導く中でもたらされてきた。その中でも最も有名なのが2013年に獲得した「ウィンブルドン」でのタイトルで、これによりマレーは77年ぶりに地元イギリスに「ウィンブルドン」タイトルをもたらした。

それ以前では、レンドルはマレーの2012年「全米オープン」での勝利や、同年より前の時期にあったロンドンオリンピックでの金メダル獲得に貢献している。そして2014年にパートナーシップを一度解消し、昨年、マレーが「ウィンブルドン」で2つ目のトロフィーを手にする1ヶ月前に、再び組むこととなった。

マレーはまた、レンドルと組んでいる最中の2016年11月に、初めてATPランキング1位の座についた。

「私はイワンの長年に亘る助力と指導に感謝しています。私達はチームとして多大な成功を収め、また多くのことを学びました」とマレーは自身のウェブサイトで声明を発表した。

1984年から1990年までに8つのメジャータイトルを獲得したレンドルとマレーは、かつてのスター選手をコーチとして雇うという流行の先駆けだった。

マレーは今年8月、臀部の怪我により2017年の残りのシーズンを欠場すると発表する少し前に、ラファエル・ナダル(スペイン)にランキング1位を譲ることとなった。

彼の今年最後の試合は、「ウィンブルドン」で7月12日に行われた準々決勝のサム・クエリー(アメリカ)との5セットマッチとなり、これに敗北したことで彼のタイトル防衛は終わった。

マレーは金曜日、次のシーズンの始まりである1月、「全豪オープン」の開催には準備が出来ているようにしたいと語っている。「私の今の関心は、現在のチームと共に全豪オープンまでに準備を整え、戦いの場に戻ることにあります」。

彼は来年の最初のグランドスラムトーナメントに備えるために、オーストラリアで行われる「ブリスベン国際」への出場を計画している。それまではいつも通りマイアミでトレーニングを行う予定である。

レンドルは引き続き、全米テニス協会の選手育成プログラムに関わる予定であり「アンディが今後も上手くいくことを願っています。私達の活動は素晴らしく、また多くの楽しみを得ました」と語っている。

(C)AP(テニスデイリー編集部)

※写真はアンディ・マレー(左)とイワン・レンドル(右)
(AP Photo/Sarah Ivey, File)