貴重なアウェイゴールを奪ったラファエル・シルバ photo/Getty Images

写真拡大

10年ぶりのアジア制覇を目指す浦和レッズは25日、AFCチャンピオンズリーグ決勝の2ndレグでアル・ヒラル(サウジアラビア)をホームの埼玉スタジアム2002へ迎え入れる。負傷欠場が心配されたFWラファエル・シルバだが、2ndレグへの影響はなさそうだ。

18日にアウェイで行われた1stレグで、スタメンに名を連ねたラファエル・シルバ。7分に貴重なアウェイゴールを奪ったが、後半半ばに右足を負傷し、途中交代を余儀なくされていた。なお、試合は1-1のドローで終えている。

AFCの公式サイトによると、インタビューに応じたラファエル・シルバは「僕の怪我は、来週のプレイする機会へは影響しないだろう」とコメント。その上で「2ndレグへ向けて、しっかり準備するつもりさ。僕はACLを制覇するための強い想いを持っているからね」と意気込みを語った。

さらに「アル・ヒラルは非常に素晴らしいチームだ。試合を決めることのできる才能を持った選手がいる。(アウェイで)僕らは少々苦しめられたよ。彼らは僕らよりも多くのチャンスを作っていたしね。(最少失点に抑えられたのは)ラッキーだった。ただ、2ndレグでは僕らのクオリティを披露してみせるよ」とも述べている。

はたして、浦和はホームでアル・ヒラルを撃破し、アジア制覇を成し遂げることができるのか。