画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●月に50台以上の大画面有機ELテレビが売れている

2017年に入ってから、ソニー、パナソニック、東芝など各社がこぞって有機ELテレビを発売し、今年は「有機EL元年」といわれています。そこで、ヨドバシカメラ各店舗の中でも大型テレビの品ぞろえが幅広い、ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba(以下、ヨドバシAkiba)で有機ELテレビの人気製品を教えてもらいました。

○月に50台以上の大画面有機ELテレビが売れている

「月によりますが、大体50台〜100台売れていますよ」と話すのは、ヨドバシAkibaのマイホーム商品・TVチームの本間俊一郎さんです。JR秋葉原駅前のヨドバシAkibaは、ヨドバシカメラの中でも売り場面積が広く、国内外から多くのお客が訪れる旗艦店です。ちなみに、某国の大使館の方が大使公邸用のテレビを買いに来たこともあるそうです。

○画質重視のお客が増えている

本間さんがいうには、いま使っているテレビよりさらに大きな画面、そして良い画質のものを購入するお客がほとんど。

「テレビ全体では、4K対応モデルのシェアが50%以上となっています。中でも特に画質にこだわるお客さまに人気なのが、有機ELテレビです。キレイな画質のテレビに『映画館でいるようだ』という表現があると思いますが、有機ELテレビに関しては『まるで撮影現場にいるようだ!』とお客さまから声が上がるほどです。特に、黒など濃い色の表現の違いを感じる方が多いですね」(本間さん)。

○映画好きやゲーム好きに高い支持

有機ELテレビの魅力は「画質の美しさ」といわれていますが、購入者はどういうコンテンツを楽しんでいるのでしょうか。

「有機ELテレビは、明るさと暗さの対比が優れており(編注:簡単にいうとコントラスト)、映る対象の輪郭がはっきりします。また、画素そのものが発光するので、速い動きに強いですよ。そのため、映画やゲームがお好きな方を中心に、有機ELテレビが選ばれています」(本間さん)。

2018年から4K8Kの実用放送が開始されるなど、高画質で配信される映像が増えてきます。そのため、今後の放送への期待感から有機ELを選ぶ人もいるそうです。

○所有する満足感を味わえる有機ELテレビ

実際に有機ELテレビを見る分かるのですが、その薄さに驚きます。LGのOLED65W7Pを店頭で見ていた初老の男性客はよほど驚いたのか、取材中の筆者に「いやー薄いね、これ。こんなに薄いのにテレビ映るの!?」と話しかけてくるほどでした。

テレビは家庭のリビングの中で、いわば一番存在感がある家電。デザインにこだわる人が多く、薄型の有機ELはインテリア性を重視する方にも人気だといいます。

「有機ELテレビは、液晶のようにバックライトを使用せず、自発光型のパネルを採用しているので、画面周囲のベゼルを薄くできます。液晶テレビとほぼ同じ横幅で、見えている画面の大きさは1サイズ上がります。画質が美しく、画面が大きく、さらに薄型でデザインも良いということで、有機ELテレビは所有する喜びを味わえる家電です!」(本間さん)。

●人気の有機ELテレビ、買うならいつ?

ヨドバシAkibaで人気の有機ELテレビを、本間さんに聞きました。(※価格はすべてポイントサービスあり、税込み。取材時のもの)

○LG「OLED55C7P」 : 322,790円

「有機ELテレビの中では一番手ごろな価格帯のモデルです。まずは有機ELを使ってみたいというお客さまや、液晶か有機ELか決めていないけれど高画質のものが欲しいというお客さまに人気です。パネル製造メーカーならではの高画質とコストパフォーマンスの良さが魅力といえます」(本間さん)。

○ソニー「KJ-55A1」 : 485,870円

「有機ELパネルの特長を活かした高コントラスト、高精細、広色域が魅力。目線より下に設置してお使いになる方が多いですね。スピーカーも新方式を採用し、画面そのものを振動させて再生するので映像と音の一体感が増します。セリフなどは丁度人の顔の辺りから聞こえてくるので、没入感が増しますよ」(本間さん)。

○東芝「55X910」 : 464,270円

「ドラマなどを録画して見る派に人気のモデルです。有機ELテレビの高画質に、全自動録画(タイムシフトマシン)機能を搭載した機能面が人気のモデルです。外付けのHDDを使えば放送中の地デジ番組を最大6チャンネル全自動で録画します。見忘れた番組をいつでも気軽に視聴できますよ」(本間さん)。

○LG「OLED65W7P」 : 783,390円

「通称、"ウォールペーパー(壁紙)テレビ"。薄型パネルを活かした壁掛け専用モデルで、インテリア性を重視する人に人気です。見た目のデザインが気に入って購入を決めたというお客さまもいました。スピーカーはDolby Atmos(ドルビーアトモス)に対応し、音質にこだわる方にもオススメしたいモデルです」」(本間さん)。

○パナソニック「TH-65EZ1000」 : 917,870円

「パナソニックの高級オーディオブランド『テクニクス』がスピーカーを監修し、音質の良さが魅力です。また、パナソニックは、自発光式テレビの元祖であるプラズマテレビを製造していたメーカーです。自発光式ならではの色彩のチューニングが魅力で、プラズマテレビからの買い替えのお客さまにも支持されています」(本間さん)。

○有機ELテレビ、買うならいつ?

有機ELテレビを実際に店頭で見てみると、画質がキレイだし、音質も良いので、映画などを観たらすごい迫力で楽しめそうだなとワクワクします。とはいえ、高額な買い物です。お得に買うタイミングはいつでしょうか。

本間さんによれば、一般的に家電量販店では12月になるとセールをするそうですが、一番価格が下がるのはクリスマス〜年末にかけて。

しかしここは注意が必要です。

「クリスマス商戦は多くのお客さまがいらっしゃるので、人気モデルの在庫がなくなってしまうこともあります。また、年末年始は配送なども混みあう時期です。そのため、欲しかったモデルが手に入らないことや、配送が間に合わず年末年始を古いテレビで過ごすことになってしまうこともあります」(本間さん)。

せっかく有機ELテレビを買うなら、じっくりと納得のいくモデルを選びたいもの。本間さんのオススメは、いまから店頭で接客を受けてお気に入りのモデルを選び、12月のセールになったら(欠品する前に!)購入することだそうです。