上原彩子【写真:Getty Images】

写真拡大

手応えを掴んだシーズンを総括「かみ合わせが良ければ、いいスコアが出る」

 米女子ゴルフツアーの今シーズン最終戦、CMEツアー選手権(フロリダ州ネープルズ・ティブロンGC、パー72)が19日(日本時間20日)、3年ぶり出場となった上原彩子は通算6オーバーの62位で終えた。

 年間を通じた獲得ポイントによって争われる今大会は上位72人に出場資格が与えられ、優勝者には100万ドル (約1億1200万円)のビッグボーナスが贈られる。日本勢でただ一人(野村敏京は出場見送り)出場した上原は、米ツアー5年目が終了した。

 今シーズンは9月のエビアン選手権で優勝争いを演じ、メジャーで初めて最終日最終組を経験した。「最終日にイーブンにできていたら良かったのですが、良くなっているところもたくさんあるので、来年すごく楽しみです」。手応えをつかんだシーズンを振り返った。

 前半戦は不調だったが、中盤にコーチを変えてからショットやプレーが良くなったという。エビアン選手権で10位に入ったのをはじめ、10月のハナバンク選手権で19位、11月のブルーベイLPGAでも19位につけた。シーズン終盤に好結果を積み上げたことは、来季への自信につながる。

6年目への決意「藍ちゃんがいなくなったのは寂しい。その分、頑張らないと」

「ショットもだいぶ良くなりましたし、パットが入ってくれてスコアにつながった。かみ合わせが良ければ、いいスコアが出ると思いますし、感覚的には手応えがあります」

 すでにシード権を確保できており、早くも視線は来シーズンへ。開幕戦から参戦予定で、モチベーションは高い。

「来た時より明らかにツアーのレベルがアップしている。やることは多いですけど、それがまた楽しみでもある。アジアシリーズは日本以外に出られたし、トータルでいい部分もたくさんあった。最終的には勝つことが目標。それに向けて、一つずつやるべきことをやっていく。伸びしろはあると思っているので、その辺を詰めていきたいです」

 宮里藍が今シーズン限りで現役を引退し、米ツアーの顔ぶれも大きく変わる可能性もある。「藍ちゃんがいなくなったのは寂しい。その分、頑張らないといけない。来年は納得のいく一年にしたいですね」。フロリダの青い空の下で6年目への決意を語った。