坂上忍

写真拡大

20日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で坂上忍が、俳優・いしだ壱成が23歳も年下の女優・飯村貴子を落とした作戦に痛烈なコメントを放った。

いしだは8月、自身が定めた細かすぎる家庭内ルールが原因で、再婚相手である元妻と離婚することとなった。ところが、16日発売の「週刊文春」は、離婚したばかりのいしだが19歳の飯村と交際し、現時点で半同棲状態だと報じる。ふたりは5月に共演した舞台で知り合ったそうで、そろって交際の事実を認めている。

「バイキング」では、いしだが生出演し、交際に至るまでの経緯や交際の開始時期を説明。その中で、飯村との距離を縮めるために用いた「作戦」を告白した。

いしだは当初、42歳で年齢が離れすぎていたため、飯村と話すきっかけが見つからなかったそう。そこで、いしだは台本を忘れたふりをし、「ゴメン、次のセリフ何だっけ?」と尋ねることで、飯村と会話するようにしたとか。

この告白に、スタジオからは「ヤダ〜」との声が漏れる。坂上も「今、スタジオだけじゃなく、日本全国が『気持ち悪い』という空気(になっている)」と追い打ちをかけ、共演者が一斉に「そんなことないですよ!」とフォローしていた。

【関連記事】
いしだ壱成が結婚生活で元妻に課していた日常ルール…出演者も「面倒くさい」
石田純一が息子・壱成に説く教え「女子大生中心に世界は回ってる」
いしだ壱成が「朝のルーティン」を破った妻に大激怒「ふざけんじゃねえ!」