中村蒼「僕にとって転機になる」三島由紀夫原作ドラマで“命を売る男”に

写真拡大

俳優の中村蒼が、BSジャパンにて2018年1月クールに放送される「連続ドラマJ 三島由紀夫『命売ります』」(毎週土曜21:00〜)で主演を務めることがわかった。

原作は、三島由紀夫の「命売ります」。昨年、「隠れた怪作小説発見!」と銘打って重版が進み、30〜50代を中心に26万部という異例の大ヒットを記録し、ベストセラーとなった。作中、自分の人生行く先を悟ってしまった男が始めたのは、“命を売ること”。“命を売る男”と“企みをもつ依頼人たち”との駆け引きは、毎回思わぬ展開へ向かう。

中村演じる“命を売る男” 山田羽仁男は、広告代理店に勤め、経歴、収入など何不自由ない生活を送っていた。しかし、突然自殺を決行。それに失敗し、「命を売る」ビジネスをスタートさせる。次々と舞い込んでくる奇々怪々な依頼に応じる中で、命と向き合うことになる。

今回のオファーを受け、「多くの人から愛されている三島さん作品で、 主人公を演じられて光栄です」と喜びを語った中村。「独特な三島ワールドが映像化されることでどうなるのか楽しみです。命を売る、命を捨てる覚悟が出来ている男はどんな人生を送るのか。“死ぬこと"に対して前向きで、それが周りの幸せに繋がるというのは不思議な感覚ですが、どうやってストーリーが進んでいくのか楽しみです」と撮影を待ち望んでいる様子。

さらに、「この作品は僕にとって転機になる予感がします」と明かし、「色々な人を魅了する羽仁男のように、この作品に多くの人が引き込まれるよう皆で頑張っていきます」と意気込んだ。

その他、前田旺志郎、田口浩正、YOU、田中泯の出演も決定している。