【超WS選定週間ベストイレブン/J1第32節】ルヴァン王者の勢い止まらず、C大阪から最多

写真拡大

▽明治安田生命J1リーグ第32節の全9試合が5日と18日に開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。

◆今節の超WS選定J1週間ベストイレブン

GK:中村航輔

DF:エウシーニョ、鎌田次郎、山本脩斗

MF:水沼宏太、エドゥアルド・ネット、三田啓貴、清武弘嗣

FW:石原直樹、ジェイ、杉本健勇

◆寸評

GK中村航輔(柏レイソル/8度目)

▽出色のパフォーマンスを見せたガンバ大阪のGK東口順昭と悩んだが、5試合ぶりの白星を呼び込んだ点を評価

DFエウシーニョ(川崎フロンターレ/3度目)

▽この試合でも右サイドバックと思えぬ攻撃性能を発揮。終盤に逆転優勝に望みを繋ぐ決勝点の大仕事

DF鎌田次郎(柏レイソル/初選出)

▽身体を張ったディフェンスで守備陣を引き締めた。ベテランの味が光るMOM級の働き

DF山本脩斗(鹿島アントラーズ/初選出)

▽守備に綻びなく、攻撃でも高い位置取りから基本に忠実なプレーでサイドを活性化

MF水沼宏太(セレッソ大阪/3度目)

▽ゴールはもちろん、清武と遜色ないパフォーマンスで攻撃の中心に。まさに出色の出来

MFエドゥアルド・ネット(川崎フロンターレ/初選出)

▽G大阪の起点潰し、ボールの散らし役、バックラインのサポートで中盤を完全に支配

MF三田啓貴(ベガルタ仙台/初選出)

▽ボックス・トゥ・ボックスの動きで攻撃をけん引。突き刺したミドルシュートも精度抜群

MF清武弘嗣(セレッソ大阪/2度目)

▽コンディション良好。ゴール、アシストと秀でた攻撃スキルをフル活用した

FW石原直樹(ベガルタ仙台/2度目)

▽キープ力を生かしたプレーがアクセントに。チームの攻撃の完成度を高めた

FWジェイ(北海道コンサドーレ札幌/3度目)

▽今夏加入ながら3試合目となる1試合2発。もはやチームにとって、スペシャルな存在に

FW杉本健勇(セレッソ大阪/7度目)

▽代表での欧州遠征の疲れもどこ吹く風。バースデー弾を決め、得点王争いのトップタイに