画像提供:マイナビニュース

写真拡大

NTTドコモと三井住友カードは11月20日、「dカード プリペイド」がApple Payに対応したと発表した。

dカード プリペイドは、dポイントを貯められる年会費無料のプリペイドカード。貯まったdポイントは、1ポイント1円(税込、以下同)として、全国のiD加盟店や国内外のMastercard加盟店で利用できる。

今回の対応により、全国のiD加盟店で、dカード プリペイドを利用したApple Pay決済が行えるようになった。また、Apple Payに対応するアプリやオンラインショッピング加盟店での支払い、iPhoneやApple WatchにおけるSuicaのチャージも可能になっている。

dカード プリペイドのApple Pay対応にあわせ、キャンペーンも実施。2018年1月31日までにdカード プリペイドに入会し、Apple Payの設定を行った人全員に、プリペイド残高として1,000円分をチャージする。また、2018年2月28日までにApple Payを500円以上利用した人には、もれなく500円分をチャージする。500円分のプレゼントは、すでにdカード プリペイドを利用している人も対象となる。