ケイティ・ペリー、中国がビザの申請を却下

写真拡大

ケイティ・ペリーは月曜日(11月20日)上海で開催されるヴィクトリアズ・シークレットのファッション・ショウでパフォーマンスする予定だったが、中国政府からビザの申請を却下されたため、出演できなくなったという。

◆ケイティ・ペリー画像

『Page Six』によると、ケイティが2015年台湾・台北で開いた公演でひまわりのドレスを着たことが問題視されたらしい。その前年、台湾では対中貿易協定に反対する“ひまわり学生運動”が起きており、ケイティがそれを支援し、このドレスを着用したのではないかと、中国で物議をかもした。

当初、ビザは下りると考えられていたが、間際になり却下されたという。ケイティの代わりにハリー・スタイルズがパフォーマンスすることになったそうだ。

今回のショウの出演予定者でビザの申請を却下されたのはケイティだけでなく、今年2月、インスタグラムに投稿した動画がアジア人を侮辱していると批判されたモデルのジジ・ハディッドも入国できなくなったという。

Ako Suzuki