トランスジェンダーの歌手、ダニエラ・ヴェガ主演『ナチュラルウーマン』ポスター公開

写真拡大

 セバスティアン・レリオ監督作「Una Mujer Fantastica」が『ナチュラルウーマン』の邦題で、2018年2月より公開されることが決定。あわせて、ポスタービジュアルが公開された。

参考:生田斗真が演じる女性・りんこになぜ共感できる? 『彼らが本気で編むときは、』が描く優しい生活

 本作は、『グロリアの青春』のレリオ監督が手がけたヒューマンドラマ。チリ、サンティアゴを舞台に、トランスジェンダーでナイトクラブのシンガー、マリーナが、ボーイフレンドの意識が突然薄れ亡くなったことで、思いもかけないトラブルに巻き込まれていく模様を描く。

 愛する人にきちんとさよならを伝えるため闘いに挑むマリーナ役を、自身もトランスジェンダーである歌手ダニエラ・ヴェガが演じている。

 このたび公開されたポスタービジュアルには、“私らしく、私を生きる”というキャッチコピーとともに、主人公マリーナを演じたヴェガが、こちらに眼差しを向けている姿を収録。

 レリオ監督は、難しい境遇にある主人公を描く本作の意図を、「幼い頃からずっと隅に追いやられていたこの人物を、ジャンヌ・モローやブリジット・バルドーのような大女優と同じように、この映画の中心にしたかったのです」と語っている。さらに、キャスティングについて、「最初はトランスであるダニエラにこの映画について相談していました。でも話をするうちにダニエラの人生経験が脚本に色濃く反映されるようになったんです。目の前に女優がいるのに、どうしてわざわざほかの女優を探しに行こうとするんだ? と思ったんですよ。マリーナはダニエラを通して立体的なキャラクターになっていきました」とコメント。そんなヴェガは、本作でスクリーンデビューを果たした。(リアルサウンド編集部)