山田涼介&曽利文彦監督、『鋼の錬金術師』4DX版を監修 2人がこだわったポイント明かす映像も

写真拡大

 12月1日に公開される映画『鋼の錬金術師』の4DX上映の監修を、主演の山田涼介と監督の曽利文彦が務めていることが発表され、あわせて4DX特別予告が公開された。

動画はこちら

 本作は、全世界シリーズ累計7,000万部を超える荒川弘の人気コミックを実写映画化したファンタジー。幼き日に最愛の母親を亡くした兄エドと弟アルの波乱に満ちた旅と成長ストーリーを描き出す。Hey!Say!JUMPの山田涼介が主人公エドを演じるほか、本田翼、ディーン・フジオカ、大泉洋、佐藤隆太、小日向文世、松雪泰子らが出演する。

 邦画史上最大規模で、IMAX上映と4DX上映も決定している本作。先だって行われた4DX版のテスト上映に参加した山田と曽利監督が「もっとこうしたらいいのでは?」と、映画『鋼の錬金術師』を実際に作り出した立場から意見を出し、2人の意見を反映させ、4DX版が完成した。

 また、山田と曽利監督がこだわったポイントを明かす4DX特別予告も公開された。4DXの魅力について、「五感をすべてくすぐってくれる」と語る山田は、ディーン・フジオカ演じる“焔の錬金術師”と呼ばれるマスタング大佐の火炎錬成のシーンに着目し、焦げた香りで嗅覚をくすぐるアイディアを出したと明かす。さらに、マスタング大佐の火炎錬成のシーンのほか、キャラクターごとに香りを感じることができる香りの演出が加えられ、エドとアルの兄弟が人体錬成に失敗したシーンでは稲妻、雨のシーンでは実際に雨を感じる演出、イタリアロケが敢行されたエドが登場するシーンでは実際のシーン同様に砂ぼこりを感じることができるようになっているという。(リアルサウンド編集部)