20日、韓国メディアによると、韓国で今冬初めて、高病原性の鳥インフルエンザウイルスがカモの飼育場で検出された。来年2月の平昌冬季五輪を前に、防疫当局に緊張が走っている。資料写真。

写真拡大

2017年11月20日、韓国経済によると、韓国で今冬初めて、高病原性の鳥インフルエンザウイルス(AI)がカモの飼育場で検出された。来年2月の平昌冬季五輪を前に、防疫当局に緊張が走っている。

韓国の農林畜産食品部は19日、全羅北道の高敞郡にあるカモ農家に対する検査で、高病原性(H5N6型)鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。同農家は畜産企業チャムプレから委託を受け、カモ1万2300匹を飼育していた。防疫当局は18日に同農家の出荷前検査で鳥インフルエンザ抗原が検出された後、カモを全て殺処分し、疫学調査を開始した。家畜類に致命的な高病原性鳥インフルエンザウイルスの発生が確認されたことを受け、韓国政府は全国の家畜飼育農家に対し、20日午前0時から48時間の移動禁止命令を発動した。

平昌五輪の開幕まで3カ月を切り、鳥インフルエンザなど家畜伝染病の発生を防止するため総力を上げていた韓国政府は「超緊張状態」に陥っているという。イ・ナギョン首相は「危機警戒レベルを上げ、中央事故収拾本部を設置するなどの必要な措置を迅速に実行せよ」と指示したそうだ。

韓国では昨年11月から今年4月まで、約140日にわたって鳥インフルエンザが発生し、3787匹が殺処分される史上最悪の被害が出た。再び鳥インフルエンザが拡散する場合、五輪の進行に大きな影響を与えることは確実なため、防疫当局は神経をとがらせている。韓国政府は五輪期間中、約80カ国の選手やスタッフ、取材陣約2万7000人を含む約40万人の外国人が韓国を訪れると予想している。

これについて、韓国のネットユーザーからは「また始まったの?」「五輪を目前に控えているのに。これは大変だ」「あの時の悪夢が思い出される」「昨年のように被害が拡大しないよう最善を尽くしてほしい」「今回は迅速に対応できるだろうか?」「なぜ鳥インフルエンザはいつも、国が大事な局面を迎えている時に発生するのだろう?」など不安の声が相次いでいる。

一方で「朴槿恵(パク・クネ前大統領)の時代が最悪だったから、今の政府の全ての対応を素晴らしいと思える」「文在寅(ムン・ジェイン)大統領の実力が見られる良い機会だ」「今の韓国なら絶対に克服できる」など前向きなコメントも寄せられている。(翻訳・編集/堂本)