BARのママに扮した遠藤憲一さん

写真拡大 (全3枚)

芸能界随一の強面俳優・遠藤憲一(通称:エンケン)さんが、奇抜な衣装を身にまとい、BAR(バー)のママに扮して人生相談を受けるWeb動画が公開されました。

【ママになった遠藤憲一が人生相談「あんたのと違ってカチカチでピッカピカ」の画像・動画をすべて見る】

遠藤憲一が胸元から印鑑を取り出すシーンは必見

大杉漣さん、松重豊さんら名脇役が集結して話題を呼んだドラマ『バイプレイヤーズ』へ出演したように、俳優として唯一無二の存在感を発揮し数々のドラマ・映画に参加している遠藤さん。

ナレーターや声優としても活躍しており、5月に公開されたマーベル映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』の日本語吹き替え版ではベビーグルート役を、7月の米林宏昌監督によるアニメ映画『メアリと魔女の花』でゼベディ役をそれぞれ担当しています。

胸元から印鑑を取り出す遠藤憲一さん。この後「あんたのと違って、カチカチでピッカピカ」と発言。
「遠藤憲一の人生相談bar」と題した動画は全部で4本。舞台は怪しげなBAR。遠藤憲一さんは、ピンクの髪に、きらびやかな衣装という、およそ遠藤憲一とは思えない姿で登場、「はい、いらっしゃい」の一言からスタートします。

いずれの動画でも、使用している印鑑の魅力をアピール。胸元から印鑑を取り出したり、「あんたのと違って、カチカチでピッカピカ」と発言したり、珍しい遠藤さんの姿を目にすることができます。

ママ・エンケンの姿(泣いたりキスしたり)をもっと見る

遠藤憲一さんミニインタビューも

──今回の演技について、感想をお聞かせください。

遠藤憲一さん たまにやるぶんには楽しい役でした。

──さすがの演技だと思いましたよ!(笑) これまでにも、どちらかといえば、ご自身のイメージとはギャップのある演技を求められることが多かったのではないでしょうか?

遠藤憲一さん 真逆な役をやるのが好きなので、まじめな役が続いたら急にハメを外した役もやりたくなります。そういうスタンスなのでギャップが大きいと思われるんでしょうね。

──実際の遠藤さんはどんな人なんですか?

遠藤憲一さん 全く普通です(笑)。

──つまり、怖い人ってことですか?(笑)

遠藤憲一さん 止めてください!(笑) 逆です! 怖くないですよ。悪役のイメージを持たれているかもしれませんが、最近は小心者の役も多くなってきて、普段の自分はそんな感じです。

──今回の役では、人生相談を受けていましたが、実際は相談されることが多いですか? することが多いですか?

遠藤憲一さん 相談することはなくて、相談されることばかりです。

以前は自ら印鑑をつくる男性を熱演した遠藤憲一さん

これは印鑑を販売するハンコヤドットコムのプロモーション。

〜法人印篇〜


〜印鑑篇〜


〜スマホ篇〜


〜チタン篇〜


遠藤さんは以前にも同社のTVCMに出演。

TV CM「明日、ハンコ必要なのにどうする俺!?篇」


翌日に印鑑が必要なことに気づき、自ら木を彫ってつくり始める男性を演じています。

ママ・エンケンの姿(泣いたりキスしたり)をもっと見る