川崎フロンターレのMF中村憲剛【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

中村憲剛のひらめき。「目先を変えてみようかな」

 川崎フロンターレが土壇場で踏みとどまった。負ければ鹿島アントラーズの連覇が決まる18日の明治安田生命J1リーグ第32節で、スコアこそ1‐0ながらシュート数では25対1とガンバ大阪を攻守両面で圧倒して、勝ち点差を4ポイントに縮めた。YBCルヴァンカップ決勝でセレッソ大阪に屈し、悲願の初タイトル獲得を逃してから2週間。失意のどん底に叩き落されたメンタルを蘇らせ、価値ある勝利を手にした3つの要因を、大黒柱のMF中村憲剛(37)の言葉から紐解いた。(取材・文:藤江直人)

----------

 脳裏に閃くものがあった。前半から数えて10本目のコーナーキック。等々力陸上競技場のゴール裏を埋めたサポーターの祈りを背に受けながら、右のコーナーエリアにボールをセットする川崎フロンターレの大黒柱、MF中村憲剛は意を決した。

「ちょっと目先を変えてみようかな」

 それまで獲得した9本のうち、後半11分のショートコーナーを含めて、6本をニアサイドに集めていた。DF奈良竜樹が放った強烈なヘディングシュートが、ガンバ大阪の日本代表GK東口順昭に防がれた前半28分の2本目を除けば、すべてガンバの選手にクリアされていた。

 しかも、ガンバのニアサイドにはDF谷口彰悟をマンマークする183センチの日本代表DF三浦弦太、奈良をマンマークするDF今野泰幸だけでなく、後半途中からは192センチの長身FW長沢駿がスペースを埋めるようにそびえ立っていた。

 時計の針は後半37分にさしかかろうとしていた。スコアは両チームともに無得点。それでも、不思議と焦りはなかった。むしろ、コーナーキックに関しては“餌”をまき続けた、という感覚を抱いていたのかもしれない。中村が続ける。

「もちろんチームとしても狙いはありますし、どこに蹴るか、誰がどこに入るかというのはあるんですけど。ニアだったらはね返されて終わりですけど、ファーに蹴ったらヒガシ(東口)も届かないだろうし、まだ何かが起こるかもしれないので。その意味ではちょっと蹴ってみようかなと」

 三浦や今野、そして長沢を越えた高い弾道が弧を描きながら、狙いを変えたファーサイドに急降下してくる。中村からは特にサインは送られていない。それでも落下点ではMF家長昭博が、マーカーのDF藤春廣輝と激しくポジションを争いながら、ジャンプするタイミングをうかがっていた。

「中へ入っていく選手が、各々のポジションに入っていくだけなので。たまたま僕のところに来ただけです」

 こう振り返る家長が放ったヘディングシュートは藤春の体をかすめ、ゴールの枠を外れるかたちで左側へ転がっていく。そこへ走り込んできたのが、日本代表MF井手口陽介のマークを巧みに外し、フリーの状態になっていたDFエウシーニョだった。

攻守ともにガンバを圧倒。シュート数は25本対1本

「あの2人が何で中にいたのか、よくわからないですけど。あれっ、という感じだったんですけど…ごめんなさい、今日は中に入るはずだったんだ」

 コーナーキックの際の約束事を一瞬ながら忘れていた中村が、思わず苦笑いするほどの劇的な光景。利き足とは逆の左足を振り抜いたエウシーニョのシュートが、それまでファインセーブを連発していた東口の股間を、ワンバウンドして抜けていく。

「結果として股を抜けていったので、(自分にとって)ノーチャンスではなかったと思うんですけど。でも、(得点が)入るパターンなのかな」

 中村にファーサイドを狙われたことで、ガンバの守備全体が翻弄されたことを東口も認めるしかなかった。必死にカバーに走ってきた三浦が伸ばした右足の先をかすめるようにして、勝負に決着をつける一撃がゴールへ吸い込まれていった。

 冷たい雨が間断なく降り続くなかで行われた、18日の明治安田生命J1リーグ第32節。スコアこそ1‐0だったが、内容ではフロンターレがガンバを、たとえるならばハーフコートゲームを行っているのかと見間違えるほど、攻守両面にわたって文字通り圧倒し続けた。

 シュート数はフロンターレの25本に対して、ガンバはわずか1本。もちろん、決定機には至っていない。翻ってフロンターレは、獅子奮迅のパフォーマンスを演じた東口がいなかったら、前半の段階で大量点を奪って勝負を決めていてもおかしくなかった。

 前半14分にMF大島僚太からの浮き球のスルーパスにフリーで抜け出すも、ボレーシュートをバーの上へ浮かせてしまった中村が「試合を難しくしたのは、自分も含めて決定機を外したから」と自戒しながら、それでもネガティブな思考回路とは無縁だったと胸を張った。

「それよりも自分たちが等々力のピッチで、攻守で相手を圧倒しようという意識のほうが強かった。勝ったから言えることですけど、でも負けたらどうしようと思っている選手は、今日は誰もいなかったと思います。その意味では、(シュート数などの)数字が表す通りの試合ができたかな。

 自分たちで首をしめた感じですけど、ヒガシのファインセーブにしても、逆に言えばそこまで自分たちがもっていっているということでもあるので。いつかゴールが入るだろうと楽観視はしていませんでしたけど、このまま愚直に続けていけば、十分に点が取れるという思いはありました」

失意のどん底に突き落とされたルヴァン杯決勝

 わずか2週間前は失意のどん底に叩き落されていた。埼玉スタジアムで行われたYBCルヴァンカップ決勝。ともに悲願の初タイトルをかけて対峙したセレッソ大阪に開始47秒、後半アディショナルタイムと失点を喫したフロンターレは、0‐2のスコアで一敗地にまみれた。

 前身のヤマザキナビスコカップを含めて、これで4度目の準優勝。J1でも2000年代に3度の2位に甘んじ、今年元日の天皇杯決勝でも鹿島アントラーズに延長戦の末に屈した。無念の“2位”のうち7度を経験している中村のセレッソ戦直後の胸中は、この言葉からも推し量ることができる。

「フロンターレに関わる誰もがすごく失望したし、自分を含めてすごく悔しい思いをした」

 今度こその思いが強かった分だけ、メンタルの落ち込み含めた反動は大きかったはずだ。それでもガンバ戦ではシュートの精度こそ欠いたものの、今シーズンから指揮を執る鬼木達監督のもとで追い求めてきた、攻守両面で相手を握り倒すサッカーをほぼ完璧に体現できた。

 傷心のフロンターレを立ち直らせたのは何なのか。「あのままガタガタ崩れかねない状況だった」と偽らざる本音も漏らした中村は、ホームの等々力陸上競技場で試合があることをまずあげた。

「自分たちがしっかり戦っている姿を、まだまだやれるという姿を見せなきゃいけなかった」

 フロンターレのサポーターは、どんな状況になってもブーイングを浴びせないことで知られる。ルヴァンカップ決勝後も然り。つらいときも悲しいときも、すべてを一緒に乗り越えて前へ進んで行こうと悔しさをエールに変えてきた。

 ガンバ戦もあいにくの天候のなか、2万人を超えるファンやサポーターが詰めかけた。確かにセレッソ戦ではらしくない、もっと言えば時間の経過とともに焦りがにじみ出る戦いを演じてしまった。だからといって、積み重ねてきたすべてが否定されるわけでもない。

「あのままシーズンが終わっていたら、失意のオフに入っていましたけど、自分たちで挽回できるチャンスが来る。そういうところで、誰かが何かを言ったわけではなくて、今週に入ってからはピリッとした雰囲気で、ガンバ戦へ向けていい準備をしようとなりました」

この90分間が奇跡への序章となることを信じて

 まさに自発的に、選手がそれぞれの意思で上を向いたと振り返った中村は、J1戦線においてフロンターレが置かれた断崖絶壁の状況も追い風になったとつけ加えた。

「ましてや自分たちが負けたら終わりということが、また痺れるゲームになったというか。そういう状況でまた戦えることへ、頭のなかを切り替えられたこともすごく大きかった」

 すでに優勝争いは、首位と快走するアントラーズと2位のフロンターレに絞られていた。そして、浦和レッズがAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝に進出した関係で、1試合だけ前倒しされて5日に行われた第32節で、アントラーズがレッズを下していた。

 この時点で両チームの勝ち点差は7ポイントに開いていた。つまり、フロンターレがガンバに負けた時点で雌雄は決し、アントラーズが2年連続9度目のJ1王者に輝く。黒星を喫した時点で9度目の“2位”が決まる状況は、トーナメント戦でいうファイナルに等しかった。

「サッカーで味わわされた悔しさというのは、やっぱりサッカーでしか晴らせない。その意味ではまだ晴らせてはいないんですけど、今日負けていたら終わりだったので、その意味では最後までぶれずに続けた結果として、次の話ができるようになったのはよかったと思う。

 鹿島の試合が先にありますけど、少しでもプレッシャーがかかっていると思うし、だからこそ勝ち点差が『7』だったのを『4』に縮められたことは小さくない。それを鹿島がどう思うかというのは、また彼らの問題なので、僕たちはとにかくいい準備をし続けるだけです」

 ACL決勝との兼ね合いで、レッズと対戦するフロンターレの次節は29日に1試合だけ開催される。その前の26日にアントラーズが柏レイソルに勝てば連覇が決まるが、ここまできたら余計なことはいっさい考えない。

 ホームでサポーターの声援に応えたい思いと、後がない絶体絶命の状況がメンタルを雄々しく蘇らせ、そこへ百戦錬磨の大黒柱、中村の閃きが加わって手にした価値ある勝利。ガンバを圧倒した90分間が奇跡への序章となることを信じて、フロンターレは人事を尽くして天命を待ち続ける。

(取材・文:藤江直人)

text by 藤江直人