今から日本株を買っても大丈夫か。年初から「2017年の日経平均2万3000円以上」を予想していた筆者はどう見ているのか(写真:farmer / PIXTA)

日本株はいま典型的な「新値ひと呼吸」相場となっている。なにせ、10月、11月は16連騰を含む怒涛の上昇だったからだ。

「新値ひと呼吸」は「年末高へのひと呼吸」

新値ひと呼吸とは、若い個人投資家には耳慣れないかもしれないが、相場にはよくある「高値を取った後の下げ」を表す相場用語である。ここでいう新値とは、日経平均株価でいえば平成バブル後の戻り高値1996年の2万2666円や、史上最高値である3万8915円と2009年の安値の半値戻しである2万2985円をとってきたことを指す。またTOPIX(東証株価指数)で言えば、長い間抜けなかった、1800ポイントを超えたことを指す。

新値ひと呼吸という表現は、最近はあまり使われなくなってしまった。だが、これは主に上昇相場の途中に出る現象であり、「ひと呼吸入れた後、再び上昇する」という意味合いを含む。

事実、このひと呼吸の最中も、企業業績の通期上方修正は粛々と積み上がった。10月初めに1410円だった日経平均EPS(1株当たり利益)は直近11月17日には過去最高の1534円まで上昇している。

当然、急騰後の調整という、若干トリッキーな局面でも日経平均のPER(株価収益率)は14倍台半ばに過ぎない低水準だ。おそらくこの「日経平均EPS1500円乗せ」は、10-12月期の結果とともに、通期上方修正続出をイメージに、年明け以降の第3四半期を迎えてからになると多くのアナリストは想定していたのではないか。つまり、企業収益の回復・改善は完全に四半期早まったと言える。

市場の過熱を表す指数も急速に鎮静化している。例えば騰落レシオ25日移動平均は140近くまで上がっていたものが、現在は105前後。これは急騰前の9月の時点と同水準だ。筆者が重視している「日経平均総合かい離」(株価と、25日、75日、200日移動平均のかい離の合計を算出したもの)は、11月7日に35.14%を付けた後、現在は20%前半だ。これも10月初旬に戻っている。目の前では先週15日に、短期線である25日移動平均線にタッチした後、絵にかいたような反発を示した。

17日の安倍晋三総理大臣の特別国会所信表明演説で再びアベノミクスが動き出したが、黒田東彦日銀総裁は先駆ける14日のECB(欧州中央銀行)主催シンポジウムで、強力な緩和政策を続ける意向を世界に示した。景気回復相場と金融流動性相場が同時に進行している極めて良好な市場環境は、今も変わっていない。

今週の相場はどうなるのか

今週は23日(木)の勤労感謝の日と感謝祭で、日米ともに休場となり、週の流れが分断される。また、11月第2週の外国人投資家の動向では、先物が売り越しとなった。メリルリンチ証券の機関投資家調査でも、11月のキャッシュ比率が4年ぶりの低水準となり、ファンドは「買った」状態にも見える。

しかし、筆者の周辺に聞くと、「買い」始めたばかりのファンドも多い。証券口座の10月残高は13兆1774億円と溜まりに溜まっており、「日経リンク債」の世界でも、予期しなかった日経平均2万1000円、2万2000円、2万3000円台到達による償還金が投資家の手元に滞留している。

実は、滞留しているカネは他にもある。10月末の日銀のマネタリーベース(通貨供給)は約476兆円、同じくマネーストックM3は1308兆円と過去最高となっている。この状態で株はどこまで下がることが出来るのだろうか。また、株を売った代金はどこへ行くというのだろうか。

2017年初に出た「日経ヴェリタス」の今年の予想では、「日経平均3万円」と宣言した武者陵司氏は別格として、筆者の2万4500円が3位以下を大きく引き離す「断然の2位」だった。

正直なところ、あと1カ月余りでのこの水準の達成はどうかと言うところだが、今週は年末高へ向かっての十分な息継ぎをしてもらいたいと思っている。

今週の日経平均予想レンジは2万2000円―2万2700円とする。