磐田戦で勇敢なファイトを見せた鎌田。5試合ぶりの勝利に大きく貢献した。写真:田中研治

写真拡大 (全2枚)

 試合終了直後、恒例のトラメガパフォーマンスのため、サポーターから名前を連呼されゴール裏へと引き入れられたのは、決勝弾になるオウンゴールを誘発した伊東純也でも、ビッグセーブを連発した中村航輔でもなく、3試合ぶりにスタメン出場を果たした鎌田次郎だった。
 
 鎌田は、柏を終始苦しめたアダイウトンに対し、球際の激しいブロックでパワフルな突進を食い止めたかと思えば、後半には味方のビルドアップのミスから受けた不意を突くショートカウンターでも、川又堅碁の前に身を投げ出してシュートを阻止した。柏のピンチには必ず背番号2の姿があり、彼の勇猛果敢なプレーがチームを窮地から救った。
 
「非常に素晴らしかった。後ろからの組み立てでも期待している部分はあるが、それ以上のものを守備の面で身体を張り、周りに声をかけて鼓舞して発揮してくれた」
 試合後の会見では、下平隆宏監督も鎌田への賛辞を惜しまなかった。
 
 この磐田戦の前まで、柏は直近のリーグ戦4試合で勝ち星がなく、その原因の多くは4戦で7失点を喫した守備面にあった。
 
「最近の失点を見ると、球際の勝負やセカンドボールとか、戦術とはあまり関係ないところでやられている部分が多い」
 戦前、キャプテンの大谷秀和もチームが抱える守備の問題点をそのように指摘した。
 
 そして、水曜日のトレーニングで中谷進之介が負傷。それを受けて鎌田に出場機会が巡ってきた。鎌田は大谷同様、4戦未勝利の原因のひとつとして、球際の激しさ、勝利への執着心がチームに欠けていることを指摘し、そのうえで「自分がそういうものを見せられればいいし、若手にはそういう部分をもっと上げていってほしい」と意気込みを口にしていた。
 
 柏のアカデミー出身選手たちは、子どもの頃からポゼッションという戦術の中で育っているため、戦術眼に優れ、技術レベルも非常に高い。したがって自分たちのスタイルで試合が運べた時には無類の強さを発揮する反面、劣勢に陥った時、あるいはプラン通りに試合が運べなかった時には耐えきれずに、あっけなく失点を喫して敗れるケースが目立つ。それがチームの好不調の波の激しさを生じさせるとともに、終盤戦に入って順位を急降下させた失速の引き金にもなったのである。
 そのチームに欠けていた部分を、磐田戦では鎌田がピッチ上で体現した。彼の魂のこもった数々のプレーに若い選手たちも感じるものは多かった。
 
「次郎さんのゴール前の守備が大きかったというのは誰もが思っていること。本当に凄かった」(中村航輔)
「今日は局面局面で次郎さんに助けられた」(中山雄太)
 
 試合内容的には乏しかった。おそらく、当初描いていたプランの半分も発揮できなかっただろう。ただ、試合は常に思い通りにいくとは限らない。しかし強いチームというものは、その中でも粘り強く勝利を掴み取っていくことができる。
 
 平均年齢24歳前後。“若いチーム”と言われる柏が“勝つ集団”へ変貌を遂げるためには、5試合ぶりの勝利をもたらした鎌田のプレーから多くを学び、この先の成長へ繋げなければならない。
 
取材・文:鈴木 潤(フリージャーナリスト)