3月に来韓したモルグロフ氏(右)=(聯合ニュース)

写真拡大

【モスクワ、ソウル聯合ニュース】ロシア外務省のモルグロフ外務次官が26日に韓国を訪問することが20日、分かった。複数の外交消息筋が明らかにした。

 モルグロフ氏はソウルで開催されるロシア関連行事に出席するほか、北朝鮮核問題を巡る6カ国協議の韓国首席代表を務める外交部の李度勲(イ・ドフン)朝鮮半島平和交渉本部長と会談し、北朝鮮を非核化交渉のテーブルに着かせるための方策などについて集中的に議論する見通しだ。北朝鮮労働者の新規雇用禁止など、国連安全保障理事会の制裁決議の徹底した履行やロシアが主張する段階的な問題解決構想に関しても意見交換するとみられる。

 モルグロフ氏は9月と10月にロシアを訪問した北朝鮮外務省の崔善姫(チェ・ソンヒ)北米局長と面会しており、韓国側に北朝鮮情勢などを伝えるとみられる。